スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議会がブラック企業大賞の「一般投票賞」を受賞するかもしれない件

ブラック企業大賞には「大賞」以外にもいくつかの賞がある。去年で言えば、業界賞・特別賞・教育的指導賞などがある。そして、(恐らく)一般人からの投票を最も集めた企業に対する「一般投票賞」というものもあり、去年はワタミが大賞と共に受賞している(http://blackcorpaward.blogspot.jp/2013/08/2013.html)。


今年のブラック企業大賞にも「一般投票賞」があるのかは分からないが、少なくともホームページを見ると今年も自分が「ブラックだ」と感じた企業に投票できることになっている。且つ、投票をせずに投票結果を見ることも可能なのだが、驚くことに現在1位を走っているのがノミネートが疑問視された「東京都議会」である。2位の「株式会社 ヤマダ電機」を700票ほど上回っているのだ(http://www.enlog.jp/enqResult/14240/)。


ちなみに投票理由も見ることが出来るのだが、「東京都議会」への投票理由はどうも「労働環境批判」というよりはただの「政治批判」の色が出ているものが多い。それに対して、例えば「政治を絡めた時点でこの投票に何の意味もなくなった」など、ブラック企業大賞の存在意義に疑問を呈するコメントも出てきている。


僕はあくまでも「ブラック企業問題」は「"労働者を使い潰す"という意味での労働環境の問題」と認識しているので、今年のノミネート企業から大賞を選ぶとすれば人が亡くなっている「株式会社 大庄」、「JR西日本」、「株式会社 ヤマダ電機」、「株式会社 A-1 Pictures 」、「タマホーム株式会社」のどれかじゃないと「ブラック企業」の大賞として相応しくないと思っている。労働者が亡くなっているこれらの企業を差し置いて、且つ「すき家」がノミネートされないで東京都議会が1位を走っているというのは正直かなり引いてしまう。


雇用問題に詳しい濱口桂一郎さんはブラック企業大賞について「一昨年の東京電力と同じで、労働問題それ自体よりも全然他のことに関心のある人々が、ブラック企業という恰好の看板を掲げてやってるイベントということなんでしょう」と言っているけれど、その認識で合っているんじゃないかと思う(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-597c.html)。且つ、都議会に投票したと思われる人の中にも「コメントを読むと、都議会を挙げたことにクレームの声があるけれど、こういう場でないとなかなか都民の声を出すことができないし、twitterなどでは注目度も低い。あえてノミネートした委員会の英断に拍手」とブラック企業問題を利用してブラック企業と関係のない都議会の問題を訴えようと目論む声があったりする。まぁ、今年はもはやそういうイベントだということかもしれない。


ちなみに、2012年は一般からの投票ではワタミが一番票を集めていたにも関わらず「大賞」を受賞したのは東電だったはずなので、今年も東京都議会が一番票を得たからと言って必ずしも「大賞」を受賞するとは限らない。さすがに東京都議会がブラック企業としての「大賞」を受賞するのは勘弁してほしい。また、このままいくと東京都議会が「一般投票賞」を受賞するのが濃厚だけれど、少なくともその賞の背景には投票した人たちの歪んだ思惑があるというのは各人が認識しておくべきだと思う。

「ブラック企業」の大賞を決める賞なのに、東京都議会に投票してる人たちはおかしいという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イメージが変わってしまう

東京都議会が首位になってしまうと、公を批判してブラック企業が生き残ってしまいますな。まるで民に年齢制限を無くすよう要請した時に、ならば公からどうぞって言われて骨抜きになったように。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。