スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常見陽平さんが「意識高い系(笑)」と見なす人の中には「頑張ってる人」も含まれてるんじゃないか?

いきなりツイートを引用しまくってしまった。見ての通り、佐々木俊尚さんによる「意識高い系」を揶揄する声への非難を発端にして、加野瀬未友さんがその非難が不当である旨を述べている。


加野瀬さんは常見さんが述べる「意識高い系」が「口だけで行動してない人」のことであると認識している。それ自体は正しいと思うのだが、一方で僕の理解では常見さんがバカにする「意識高い系」はそれだけではないとも思っている。なぜそう思うのかと言うと、本の最初に次のように書かれているからだ。

例えば、日本の未来について考えている、社会問題に対する関心が高い、自分のキャリアについてよく考えている、勉強熱心、積極的に人と交流する、リーダーになりたいと思っている・・・(中略)ネット上で語られる「意識が高い人」はというと・・・。もちろん彼らはこれらのことをよく考え、取り組んでいたりする。しかし、だ。あまりにも前のめりに取り組んでいるがゆえに、時には滑稽に見え、痛いなと思ったり、ウザいなと感じたりする。気持ち悪いなと思うことすらある。中には、表面的に取り繕っていることがバレバレな人もいる(p.3-4)。

特に太字で強調した文章に着目すると、実際にちゃんと考えて行動している人であっても、それが(常見さんから見て)あまりにも前のめりである場合には「痛いから」という理由で常見さん流の「意識高い系」に含まれることになる。即ち、加野瀬さんは「ボランティアとか実際に行動しているような意識の高い若者を椰揄する人はいない訳じゃないだろうけど少数派では」と言っているけれど、常見さんはその「少数派」に含まれる側だと言える。


さらに常見さんは本のp.37にて、「意識の高い学生(笑)」に特徴的な言動・行動の一つとして「やたらと前のめりの学生生活を送る」というものを挙げ、その文脈の中で「海外でボランティアをする学生」を「他人に自慢できる経験をしようとしている」・「前のめりなのはいいのだが、周りに認めてもらいたい、あるいは就活で自慢できるネタにしたいという下心が見え見えなのがいやらしい」などと評している。加野瀬さんは佐々木さんを批判しているわけだけど、こういう記述があれば佐々木さんのような指摘をする人が出てくるのも当然ではないかと思う(佐々木さんが「"意識高い系"という病」を読んでるか否かは知りませんが)。


この点、常見さんはp.5で「頑張ってる人を否定したり、批判するつもりはない」と言っている。しかし、その割には前述のように前のめりで頑張っている人を「痛い」・「ウザい」呼ばわりしているので、その記述は単に予防線を張ったものとみなしてよいだろう。最近「常見陽平氏の意見は、誰のためでもなく、自分のブランディングのためだけです」、「常見のブランディングに釣られてはいけません」というコメントを頂いたけれど(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-142.html)、常見さんの「頑張ってる人を否定したり、批判するつもりはない」という発言も彼流の「好感度を下げないためのプランディング」と言っていいんじゃないかと思うし、且つそれに釣られないようにするのが得策ではないだろうか。

常見陽平さんが「意識高い系(笑)」と見なす人の中には「頑張ってる人」も含まれてるんじゃないか?という理解に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。