スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたがその論客を支持するのは、論客の主張を誤解しているからかもしれない

このブログにある「ダメな就活生・労働者擁護論」というカテゴリで何度も書いてきたのは「企業を叩いている言説だからと言ってそれを雰囲気や印象論で支持するのではなくて、各主張の妥当性をきちんと検証する姿勢を持つ人が増えてほしい」という趣旨のことだった。そして、こうした主張を書く際にはよく「なんでこんな妥当性に欠けた文章に違和感を覚えることなく、支持しちゃう人たちがいるんだろう?」という疑問を抱いていた。


当初は、「主張が自分にとって心地よいものだったから、何も考えずにその主張を鵜呑みにしちゃっているのかな」と漠然と思っていた。ただ、ここ最近頂いた「kato」さんのコメントなどを見て、そもそも「書かれている文章をどう理解するか」について人によって大きな差異があり、この違いにより主張を問題だと感じるか、それとも妥当だと感じるのかが異なってくるのだと感じるようになってきている。


僕と「kato」さんで文章の理解が異なっているのは、内田樹さんが書いた「内田 樹の"ぽかぽか相談室"第17回」という記事。これは「ブラック企業の見分け方」をテーマにした記事なのだが、「kato」さんは内田さんの主張を「入ってみてやばい会社だと思ったらさっさとやめろって意味でしょ」と捉えていて、それゆえに「まっとうなことを言ってるように思えるけど」と主張を評している(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-497.html)。確かに内田さんが本当に記事においてそういう主張を展開しているのなら、それを「まっとうなことを言ってる」と受け止めるのも分からなくはない。


しかし僕の理解では、内田さんの記事ではそんな主張はなされていない。仮に内田さんに「ブラック企業に入ったら、さっさと辞めちゃった方が良いですかね?」と聞けば彼は「うん、辞めた方が良いね」と答えるような気はするけれど、あくまでも当該記事においては内田さんは「ブラック企業に入ったらどうすべきか」と言う点については何も言っていないように思える(この点については、「内田さんの記事に飛んで確かめてみてください」としか言えない・・・)。


では内田さんが何を言っているのかと言うと、それは内田さん流の「ブラック企業の見分け方」に他ならないと思う。というのも上述のように記事のテーマがそれだし、加えて記事には「まともな企業とブラック企業の区別なんて、皮膚感覚でわかるはず」・「就活する人はそういうまともな経営者を生物的直感で探り当てるしかない」という記述がある。即ち、内田さんの記事は「kato」さんが理解したような「ブラック企業に入ったらどうすべきか」というレベルの話をしているのではなく、あくまでも「就活の時点で、"皮膚感覚・生物的直感を働かせる"という手段をもってブラック企業を避けよう」という話をしているのではないか。だからこそ僕が言ったような「ブラック企業の見分け方が分からないでいる人が、内田さんの答えのようなもので納得するわけがない」だとか、あるいはposseの坂倉さんが言ったような「一見した印象がまともな企業でも、ひどいブラック企業はある」といった批判が内田さんの記事に対してなされた訳で、僕としてはこちらの理解の方が正しいと思う。


以上より、僕の中では「kato」さんが内田さんの記事をまっとうだと感じた原因は「kato」さんが内田さんの主張を読み違えたことにあるという理解になっている。正確にいえば「読み違えた」というよりは「書いてないことを勝手に読み取った」という表現の方が適切だろうか。この点、こんなツイートがある。 言うまでもなくこのブログは「現代文のテスト」とは何の関係も無いけれど、このツイートに示されている考え方は主張の妥当性を判断するにあたって重要なものだと思う。僕としては「書いてないこと」に思いを巡らせること自体は問題ないと思うけれど(「この文章にこう書いてあるから、多分この人はこんなことも思っているだろうな」といった具合に推測してみるのは良いと思う)、「書いてないこと」に囚われて本来の主張の意味を理解し損ねるのは宜しくない。


ブログや本などで表現されている考察を見てそれに賛同する、あるいはその考察を述べた論客を支持するということは多くの人にあることだと思う。「賛同できる考察を見つけた」・「信用できる論客を見つけた」というのは素晴らしいことだが、穿った見方をすれば、人がある考察や論客を支持する理由が「その論客の主張を誤解しているから」という場合も大いにあるかもしれない。

あなたがその論客を支持するのは、論客の主張を誤解しているからかもしれないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たらればさんのツイートってこの記事に必要ですか?

私が言っていいのか、いや、失礼を承知でコメントしますが
(katoさん、すみません)
katoさんの「やばければさっさとやめればいい」というのはあくまで
内田樹さんの記事を読んでkatoさんが思いついた解決方法であって、
それを内田さんによる言外の主張と混同してしまったのかもしれません。

確かに、書いてないことに思いを巡らせて
本来の意味をはき違えたりすることもあるでしょう。
ですが、杓子定規に書いていること「のみ」に囚われてしまうことも
また誤解の原因にもなりえるのは確かです。
それこそ現代文の問題か学術論文くらいしか通用しません。
主さんが正確に文意を読み取り妥当性を判断しようと
心がけているのはよく伝わってきますし当然大切なことなのですが
どうも、その努力の仕方が少しずれていて、
書いていることのみに囚われているように私には見えます。

あと、タイトルにも書きましたが、
何故たらればさんのツイートを掲載されたのですか?
プロフィールを見た限りでは編集者さんのようですが。
現代文の問題作成かなにかに関わっているとか?

先に言っておくと、決してたらればさんに説得力がないとか、
そういうことを言うつもりはありません。
ですが、主さんの基準で考えると
(妥当性のある主張とは客観的なデータ・
 個人の経験といった具体的なもので裏付けられている、ですよね)
先ほど言ったように「現代文の問題作成の監修にあたった」とか
「現代文の先生」「センター試験等で満点をとった」等のような
実績がなければ個人的な感想の域を出ないのでは。
そんなツイートを掲載したところで
あなたの今回のような主張の妥当性は
強められないのではないでしょうか?
(もしそのような実績があるならば合わせて掲載するべきです。)
せいぜい「他の人も言ってるからそうに違いない」レベルにしか
成り得ませんよ。

あ、「自身の主張の妥当性を強めるために掲載した」
と私が解釈したのは私の『推測』によるものですので
『誤解』だったらごめんなさいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

まず第一に、人の言論の自由を奪うような発言はよくないと思う。
kato氏が勘違いしているのは事実だが、内田氏の発言にも真理はある。
ただ、内田氏の発言の真理は現実に就活している人にはあまり役に立たない。なぜなら、彼らは若くて経験不足だから。
皮膚感覚とか生物的感覚とは、大昔の人間なら生まれつき持っていたかもしれないが、近代以後の人間はそういう感覚が鈍っている。だから、経験がある人の方がそういう感覚を身に着けやすい。
だから内田氏はアナクロな人なので、こういうアナクロな人が若い人に助言しても百害あって一利なし、だから発言するな、という気持ちはわかるが、それでも真理があるわけで、この人の言葉でその真理に共感し、役立てる人もいるから、人気があるのだ。
若い人には無理でも、皮膚感覚、生物的感覚みたいなものが本来は人間にあるはずだから、という意見を言うのはかまわないと思う。また、内田氏が若い人に対して影響力があるとも思えないので、害はないのではないか。内田氏を慕う人は内田氏から皮膚感覚のけいこをしてもらえばいい。道場をやっているようだし。

この記事はkato氏のコメントへの反論として書かれたものだが、1つの記事として書くほどのことなのか、という疑問もある。kato氏の意見はただの勘違いで、コメントに対するレスでそれを訂正してやればいいだけの話。人間、勘違いはつきものだ。

たられば氏のツイッターは別に引用してかまわないと思う。ただ、kato氏の勘違いをもとにこの記事を書いて、他人のツイッターまで引用はおおげさというか、もっとひどい例をあげてやった方がよかった。kato氏はここまで攻撃されるほどの人だろうか?
たられば氏が言っている、ツイッターで勘違いして攻撃してくる人というのは、調べればいくらでも出てくるし、それはそれはひどいもので、それに比べたら、このブログの主は恵まれていると思う。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。