スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活ぶっこわせデモ関係者は、自分達の自惚れに気づくべきだ

昨日に引き続き、東京の「就活ぶっこわせデモ」について取り上げます。


昨日このブログを更新してから、東京の「就活ぶっこわせデモ」のブログが更新され(主に、http://hosyukakumei.blog.fc2.com/blog-entry-8.html参照)、新たにいくつか記事が載っている。それらの記事によって、①このデモが具体的にどのようなことを目指しているのか②このデモに対する批判、及びそれらに対するデモ側の意見が明らかになった。


「就活ぶっこわせデモ」の目的とは何か。ブログによると、学生の立場からは、「私たちは困っている」という各々の思いを伝えて、積極的議論を生むことこそが目的だと考えるとのこと。このデモによって問題提起を行い、専門家・社会全体による議論を促すことが狙いのようだ。さらに書けば、「どこが悪いかの分析を学生にやらせても意味がない。それを実行する権力もなければ、それを具体的に指摘する社会的背景も持っていないからである。そのような分析は有識者に任せるべきで、有識者による積極的な議論を呼ぶ程度まで運動が盛り上がることが大切」との見解を持っているようだ。


昨日の記事でも書いたが、僕は就活デモという行為には肯定的だ。僕自身はデモには全く関わっていないけれど、現在の日本の就活には不合理な点があり、それらについて議論をする必要があるとも思っている。


しかし、現時点の東京の「就活ぶっこわせデモ」の活動・姿勢については否定的だ(あくまで「現時点」であり、今後の動き次第では賛成の立場になるかも)。問題なのは、「就活ぶっこわせデモ」の関係者が、デモに対する批判が殺到する理由を自分達に求めない点だと僕は感じた。


「就活ぶっこわせデモ」のブログを見ると、就活デモへの批判が殺到している原因について「日本人のデモという表現手段に対する異常なまでの嫌悪」が大きいという結論に逃げている。確かにそのような意見も正しいかもしれないが、僕の意見は違う。これは既に東京の就活デモのブログのコメント欄に書かれている意見であり、僕のオリジナルの意見ではなく恐縮だけれど、就活の問題点を訴えるために「デモ行為に及ぶこと」自体は問題ではない。問題なのはやはり、そもそも「就活ぶっこわせデモ」を通じてデモの参加者が何を伝えたいのかが不明瞭、あるいは主張内容があまりにも未熟な点にあると僕は考える。


「このデモはあくまでも問題提起が目的だから、具体的な改善案は用意しない」という旨がブログに書かれている。しかし、昨日も似たようなことを書いた気がするけれど、「単に自分達の不満を発すること=社会に対する問題提起」とはならないだろう。どのような点に問題があって、どの主体がどのような改善をすればよいのかという点が明らかになって、はじめて「問題提起」となり得るんじゃないか。


また、デモ側の「(現在の就職活動の)どこが悪いかの分析を学生にやらせても意味がない」という意見にもあまり納得が出来ない。むしろ、有識者なんかより、(恐らく)最近の就職活動を経験したデモ関係者の方が問題点を浮き彫りに出来るんじゃないか。この点も、よく分からない。


デモにより、社会全体の議論を促すことを目指しているようだけれど、残酷なことを書くと、何を伝えたいかもよく分からないデモを受けて、なぜ貴重な時間を使って議論の時間を設けないといけないんですか?・・・とデモを聞いた側は思うような気がする。


問題点は山積みだが、僕はデモ側が、自分達が十分な説明が出来ていないだけなのに「デモを批判する人のことが理解できない。問題提起をするのは大事に決まってるじゃん!」というスタンスを取っている気がして、それは違うだろうと個人的には感じた。自分達の主張・行動に自惚れすぎなのではないか。(個人的には一定の意義はあると思いますが)


なぜ、僕は2日連続で東京の就活デモの問題点について取り上げたか。それは、このデモにより、逆に就活に関する問題点が議論されなくなるリスクが生まれると感じていて、そのようなリスクを抑えたいと考えたからである。僕も一応就活批判ブログを書いている身なので(笑)、この点は気になるのです。問題提起を社会に対して行う際には、冷静さだけでなくある種の熱さも必要だとは思うけれど、それにしても「就活ぶっこわせデモ」の活動は無茶苦茶だと感じる。実際に行動をすることは凄いし大事だとも思うけれど、「下手な行動は逆に有害となりかねない」という危険性から、デモ関係者は目をそむけてはならないと僕は思う。

就活ぶっこわせデモ関係者は、自分達の自惚れに気づくべきだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この記事の意見を全面的に支持します

あのブログを読んでらっしゃるということは私のことはご存知かとは思いますが初めまして。

私も彼らは自分自身を客観視できていないと思います。
デモという行動自体は今の日本には必要なことです。
しかしあれでは何に対して何を訴えているのかが全くわかりませんよね。

就活に限らず、今の日本は物事が当事者を欠いた場所で議論されて決定されすぎです。
著作権問題しかり、児ポ法しかり。というよりも政治自体がそういう状態に陥ってると感じます。
それなのに議論を有識者に丸投げしては全く持って意味がない、むしろそういう風に丸投げして当事者が関わってこなかった結果が現状なのではないのでしょうか。

個人的には現在の就職活動の体制について、ある程度疑問や問題点は感じているもののデモを起こすほどのことではないと思っております。
しかし、貴方の様に疑問や問題点について深く考察し、原因を追究する必要があると考えてらっしゃる方に対して決して否定的な訳ではございません。
ある程度の意見の相違はあるかもしれませんが、むしろ私はそういった人たちは支持したいと思います。

私が彼らを支持できないのは主義主張が曖昧であることと、批判に対する自省ができていないこと、そしてあまりにも自分本位で企業側からの視点をもてていないということが理由です。

企業側の視点も考慮し、どういった解決手段があるのかを考えてこその活動だと私は思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: この記事の意見を全面的に支持します

>砂猫さん

はじめまして、コメント有難うございます。
今回の記事は砂猫さんのコメントをかなり参照した上で書き上げたものですので、ご本人からコメントを頂くことができ、嬉しく思っています(笑)

私も砂猫さんの意見に殆ど同意です。
強いて言えば、現在の就職活動のあり方を考えると、就活生側が主に企業に対して就活デモを行うことに私は賛成の立場であるという点に意見の違いがあります。しかし、デモという行動を取るならば、そのデモにおける主張を明確にしなければならないだろうという点は砂猫さんと同意見です。さもなければ、単なるわがままとしか捉えられない・・・というのはブログの記事で書いたとおりです。


「企業側の視点も考慮し、どういった解決手段があるのかを考える」という視点も、デモ関係者には欠けているのかもしれませんね(頭では考えているけれど、ブログに書いてないだけかもしれませんが・・・)。就活生側がどんなに偉そうに主張したところで、最終的に採用方針を変更するなどの具体的な行動をとるのは企業側のわけですから、「就活デモ」というデモにおいては、いっそう独りよがりな主張は許されないのではないかと感じています。

砂猫さんのコメントのおかげで自分の問題意識も一層明確になり、この記事を書き上げることが出来ました。有難うございました。今後も、就活デモに対する意見をこのブログで書いていきたいと思っておりますので、宜しければまたコメントを頂ければ嬉しいです!

Re: No title

>非公開コメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有難うございます!
すみません、コメントに気づかず記事を更新してしまいました・・・。
非公開だと、ブログの左側に表示されないんですね・・・。

不愉快な思いをさせてしまったら、申し訳ありません。
そして、少し席をはずさないといけないので、コメントの返信をもう少し待っていただけると助かります!
大変、失礼いたします。

Re: No title

> 非公開コメントをくださった方へ

こんばんは、返信が遅くなり申し訳ありません。
非公開コメントへの返信ということで、コメントをくださった方がどんな文章を寄せたのかが分からないよう、抽象的な表現で返信させていただきます。

非公開コメントをくださった方の疑問に関してですが、確かにその疑問はもっともだと思っています。ただ、その点については現時点ではなく、後に記事の形で書いていきたいと思っているのです。納得がいかないかと察しますが、その点ご承知いただければ幸いです。

また、かなり昔に就職活動を経験されたと言うことで(すいません、これくらいなら書いてもいいですよね・・・?)、過去の就職活動の事情が分かって、個人的に勉強になったコメントでした。有難うございます。

これは僕にもいえることですが、特にデモ参加者は「昔は楽に就職できたくせに、なんで俺らはこんなに苦しまなきゃいけないんだ」という気持ちを持っていると思います。デモ側の一方的な思い込みに基づく主張がデモにて訴えられるのは、社会にとってもデモ側にとっても何も生み出さないと思います。もし宜しければデモのブログのコメント欄などに昔の事情などを書いていただけたら良いのではと個人的には思います(僕は、デモとは全くかかわりはありませんが)。

重ね重ね、コメントへの返信が遅くなりまして大変失礼いたしました。もし宜しければ、またブログを読みに来てくださると嬉しいです。それでは、失礼いたします。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。