スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用担当者様、非通知での電話連絡を止めていただけませんか?~企業の非通知での電話連絡は失礼だ~

今日、「憂鬱でなければ仕事じゃない」という本を読んだ。僕はビジネス本をあまり読まないのだけれど、この本は本屋でも目立つ位置に置かれている話題の本のようだし(ミーハーですみません・・・)、且つ、book offという古本屋で350円という安い価格で購入できたので、この機会に読んでみようと思ったのだ。


この本の中で、見城徹さんの「かけた電話を先に切るな」という言葉が書かれている。見城さん曰く、「そもそも電話をかけるというのは、非常にぶしつけな行為だ。相手は何をしているか分からない。何か重要なことを行っている最中かもしれない。それを中断してしまうのだ。受話器をとらせた上で、否が応にも話させる。-中略-電話をかけることは、断りも無く人の家に上がるのと同じくらい自分勝手なことだ。」


今日の記事で取り上げたいのは、企業の就活生に対する電話連絡についてである。


多くの企業が突然非通知で就活生に電話をかけて、説明会(という名の選考)の連絡をしたり、面接の日程を決めようとしたりする。人によっては全然気にならない、取るに足らないテーマだと自分でも思うけれど、僕は企業のこのような姿勢を問題だと感じている。生意気かもしれないけれど、何で就活生の都合を全く考えない連絡手法を採るのか。「社会人の礼儀」とやらは一体どこにいったんだ。もともと僕はこのような問題意識を抱いていて、この度、上で引用した見城さんの言葉に出会ったので、堂々と記事の形にしている次第です(笑)


主に就活コンサルタントは、「企業とあなた(就活生のこと)は対等です。企業があなたを選ぶのではなく、あなたが企業を選ぶのです」というバカなことを言っているけれど、とんでもない話だ。企業が勝手にかけてくる電話に出られなければ、そもそも選考プロセスにも参加できない場合もある。非通知でかかってくるから、折り返し電話することも出来ない。いずれ企業からまた電話は掛かってくる場合は多いと思うのだが、今度はその電話がいつ来るのかというストレスを就活生は抱えることになる。


確かに、就活において一定程度のストレスと向き合うことは重要だと思う。「ストレスを全く感じたくない」という意見は就活生の甘えかもしれない。しかし企業の電話連絡に関しては、「無駄に」就活生を精神的に追い詰める効果があると感じるのだ。説明会の日程の告知にしても、面接の日程にしても、就活生専用のmy pageに表示しておけば十分なんじゃないか。


電話連絡でも、せめて「○○日の○○時くらいに~の件で電話かけますよ!」という事前の連絡があればまだマシだけれど、そういう配慮をする企業も殆ど無いように思う。


理想としては、書類選考・面接試験を問わず、選考の結果をいつ伝える予定なのかということを、各学生が持つ「my page」にて明確に表示することが望ましいのではないか。「書類選考の結果は、3月○○日の○○時に発表する予定です」という風に、合否発表の日付のみでなく予定時刻まで明示することで、就活生はいつ企業からの連絡が来るのかというプレッシャーから解放され、精神的にリラックスすることができる。


しかし、多くの企業が電話での連絡と言う手法を採っている以上、就活生は「選考に通る、通らない」という次元のストレス以外に、全く無意味な負の感情に包まれることを強制される。いつ来るのか分からない、あるいはそもそも来るかも分からない企業の合否連絡を待ち続けなければならないプレッシャーは、おそらく最近の就活生しか分からない。電車一つ乗るのにもストレスを抱えた苦しみ、ある程度年齢を重ねた社会人の方は忘れてしまいましたか?それとも採用担当者の皆さんは、電車に乗ってても「お電話有難うございます!次の選考も頑張ります!」とウキウキと話す従順な就活生がお望みですか?


就活生を下に見てやりたい放題選考を進めているくせに、同時に「就活生はマナーがなってない」と説教を垂れるから腹が立つのだ。確かに、就活生の側のマナーがなっていない場合も多いと思うけれど、自分達のマナーについても見直して欲しいと僕は感じている。なぜ企業が電話連絡という形を採ることが多いのかが分からないので、今日の記事にはトンチンカンな点もあったかもしれない。しかし、就活生の都合を考えない、就活生に無用なストレスを与える企業の電話連絡に、僕は反対したい。

企業の、就活生に対する「非通知」での電話連絡は失礼だという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本郵政グループは合否共にメールで通知していました。次の選考日程WEB上で通知しています。
メールだと見落とすかも知れないという意見もありますが、就活している以上、よほどの事が無い限り企業からのメールを見落とすと言う事はないと思います。見落としてしまうとしたらそれこそが「自己責任」ですから。
他の企業も見習って欲しいです。

Re: No title

>すみさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>日本郵政グループは合否共にメールで通知していました。次の選考日程WEB上で通知しています(中略)他の企業も見習って欲しいです。

しょうもない採用活動をしている企業名を晒すという形よりも、こうした「就活生に配慮した採用活動」を行っている企業をもっと明らかにする形の方が良いのかもしれませんね。

No title

こんにちは。
現在就活中の大学4年のものです。

この日記とても共感します。

某金融機関の筆記試験を受け、翌日1時間以内に3回非通知の連絡が来ていたのですが、バイトで出られませんでした。
翌日以降もかけなおしはありませんでした。

しかし、別の金融機関の選考で話した子に聞いたところ、
「2回かかってきて出られなかったが、翌日にかけてくれた。翌日も一回目は出られなかった。しかし、数十分後もう一度かけてくれた」
と言っていました。

こんな不公平があるのでしょうかと憤りの気持ちがわきました。

念のため人事に問い合わせたところ、
「その非通知が当社からとは限らないので。何ともお答えできません」
といわれました。
なんだかとぼけられているように感じました。

他の金融機関では
「携帯握りしめて生活してください」
とかいわれるそうです・・・。

考えすぎかもしれませんがすがりつく就活性を見下しているように感じます。

どこが人物重視なんだ!
といってやりたいくらいでした・・・。

なんだか愚痴のようになってしまってすみません。

とても共感できる日記でしたので・・・・。
これからも読ませていただきます!

Re: No title

> tobi さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

>他の金融機関では 「携帯握りしめて生活してください」とかいわれるそうです・・・。考えすぎかもしれませんがすがりつく就活性を見下しているように感じます。どこが人物重視なんだ!といってやりたいくらいでした・・・。

クソ過ぎる・・・。「人物重視」で選ばれたはずの人が実施している選考方式が就活生を必要以上に心理的に追い込む形となっているのは皮肉としか言いようがありません。

>とても共感できる日記でしたので・・・・。 これからも読ませていただきます!

ありがとうございます。今後も記事に対する意見をコメント欄に寄せていただければ幸いです。

古い記事ですが気になったので。コメントに気づいていただけると幸いです。

あくまで企業の都合でなので受ける側にとっては迷惑なのかもしれませんが、企業によっては新卒さんへ何十人、何百人と同時期に電話をかけるので別部署の回線や臨時回線を使うため非通知になる場合があるそうです。
折り返しかけると関係ない部署に繋がってこちらがたらい回しになるとか、その部署に迷惑をかけないためとかでしょうね。
あと内線電話から外線にかけると交換機の都合で非通知になるそうです。

企業も非通知であることは承知しているので、「非通知の電話を取らなかったから内定は取り消します」などはよっぽど非常識な企業でない限り大丈夫だと思います。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。