スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学生時代に力を入れたこと=ガクチカ」?馬鹿じゃないか

就活もここまで下らないものになってきたかということを表す例の一つが、「ガクチカ」という言葉が出来たことだと僕は思っている。一体何のことを言っているのかという人もいるかもしれないけれど、これは「学生時代に力を入れたこと」の略語らしい。そんな下らない略語を作るんじゃない。


「ガクチカ」という言葉、例えば就活コンサルタントの常見陽平さんが使っている。残念な「意識の高い学生」で終わりたくないアナタがこだわるべきことという記事(http://www.s-shiori.com/con3/archives/2011/08/post-93.html)で、「彼は以前から全国の学生と交流したり、ベンチャー企業でインターンするなど、学生時代に力を入れたこと(就活用語でガクチカと言います)に事欠かない学生でした」という文章を書いている。最初見たときは唖然とした。僕が就活をしていたときは、「ガクチカ」という下らない言葉なんか誰も使っていなかったから。就活に関する下らない言葉を作り出して、それを広めるのも就活コンサルタントのお仕事なんですかね。


ポストセブンの「就活スラング"意識の高い学生www"たちの残念行動13パターン(http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-4214.html)」という記事も笑わせてくれる。ここでも常見さんは、意識の高い学生wwwのよくある残念行動として「やたらとガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を自慢しようとするが、実はたいしたことがない」と書いている。たいしたことがないのは、こんな文章を書いているあなただって。


おまけに、「意識の高い学生www」に対しても「いろいろ熱いこと言っているけど、結局、就活が大好きなだけなんでしょ、リーダーになりたいと言いつつ、浮きまくっているんでしょという」なんて書いている。就活が大好きなだけなのは、あなたじゃないか。


以前、このブログでも常見さんが書いた小説「就活の神さま」について取り上げたけれど、その本に書かれている著者説明によると、常見さん自身も「就活は茶番だ」だと感じていたらしい。その割に、冒頭で取り上げた「ガクチカ」や「意識の高い学生」とか下らない言葉を広めようとしている。自分自身も「就職活動の茶番化」に責任があることに気づいていないことが残念だ。


想像してみて欲しい。大学のパソコン室とかで就活生が「ねぇ、ガクチカ何喋ってる?」とか話し合っている姿を。個人的には、ぞっとしますけどね。また、そのうち常見さんは「ガクチカ」って言葉を使う就活生のことを馬鹿にしそうな気がするのは僕だけでしょうか。


常見さんの仕事の一つは、俗に言う「痛い学生」を世に紹介することみたいだ。「就活の栞」というサイトに記事を書いているみたいだけれど、最新記事でも「面接に現れる痛い宴会芸学生、コスプレ学生は内定したのか?」という記事を書いている。「痛い学生」を紹介するのは結構だけれど、自分も「痛い人間」であることに気づいてほしい。そんな思いから今日の記事を書きました(笑)

常見さんには会ったことが無いので、人間として好きか嫌いかはいえない。しかし、常見さんの活動の中には、本当にけなされて仕方が無いものもあると僕は感じている。「職業に貴賎は無い」とよく言うけれど、就活コンサルタントの仕事を目にするたびに、この言葉への疑問が大きくなっている。

「学生時代に力を入れたこと=ガクチカ」?馬鹿じゃないかという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。Twitterでもフォローありがとうございます。
いつも興味深く拝読しています。

今度はガクチカ、ですか。
奴らは、相も変わらず奇妙なキャッチコピーがお得意なようですね。
個人的には、就活コンサルタントは殲滅すべきだと思っています。ついでに言うと、リクナビ、マイナビなど、所謂「ポータルサイト」もいらない。は奴らは就職/転職という、その人の人生に大変重要な意味を持つ局面を金儲けにしようという、この上なく卑しい輩だからです。

少なくとも、採用情報を厚生労働省が一元管理し、就活コンサルタントの開業要件に弁護士、または社労士の資格を要求するぐらいのことはあってもいいと思います。

Re: タイトルなし

> John Smithさん

こんばんは、コメント有難うございます。
そして、Twitterでもお世話になっております。

「就活コンサルタントは殲滅すべき」という点には激しく同意です!ただ残念ながら、就活生からの需要があるのも事実ですからね・・・。せめて、就活コンサルタントや所謂「ポータルサイト」を利用することのデメリット、無意味さをこのブログで書いていけたらと思っています。

採用情報を厚生労働省が一元管理という案も面白そうですね!少なくとも、リクルートが管理するくらいなら厚生労働省に!とは思いますね(笑)リクルートは本当にいらない。

またアイディアなど、コメントに書き込んでくだされば嬉しいです!

このブログの作者は可哀想な人だな。
他人を馬鹿にすることや否定することしか頭に無い。
毎日がつまらないんだろうな。

Re: タイトルなし

> このブログの作者は可哀想な人だな。 というコメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有難うございます。

>他人を馬鹿にすることや否定することしか頭に無い。

この記事では、常見さんと言う「他人」や「ガクチカ」という言葉を馬鹿にしたり否定したりしていますけど、一方で賛成できる意見や活動についてはポジティブに取り上げてますよ。正直僕は常見さんのことを「胡散臭い」と思ってますけど、それでもこの記事(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-325.html)では常見さんの提言を好意的に取り上げています。もし良かったら、他の記事も読んでみてくださいね。

No title

就職が決まらない学生の背景に就活自体がビジネスと化している
皮肉な話です。

常見さんをよく知らないので、何ともいえませんが
少し正しいことをおっしゃっているので、
悔しい気持ちが・・・

しかし、ガクチカですか
流行語でも狙っているのでしょうか

否定のみをせずに、「それならこのようにしろ」
といった対処法を書いてくれれば、と思いました。

(常見さんは書いているかもしれないけど、それすら知りません
なにか就活生ためになるようなことおっしゃっていましたか?)

Re: No title

> PIROさん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>否定のみをせずに、「それならこのようにしろ」
といった対処法を書いてくれれば、と思いました。
(常見さんは書いているかもしれないけど、それすら知りません
なにか就活生ためになるようなことおっしゃっていましたか?)

記事本文で取り上げた「残念な"意識の高い学生"で終わりたくないアナタがこだわるべきこと(http://www.s-shiori.com/con3/archives/2011/08/post-93.html)」という記事の最後で、「"意識の高い学生www"から一歩抜けだし、自分の人生を強く生きるために学生にこだわってもらいたいことを7つ提示します」という記述があるので、それを見てみると良いかもしれません。それを見てすっきりするかしないかはPIROさん次第です。ちなみに僕は、あまりすっきりしていません(笑)

No title

言論の自由や経済活動の自由を認めないんですね。さすがコミンテルン

No title

>>僕が就活をしていたときは、「ガクチカ」という下らない言葉なんか誰も使っていなかったから。就活に関する下らない言葉を作り出して、それを広めるのも就活コンサルタントのお仕事なんですかね。



要するに、自分が使っていなかった(というより、当時はなかった)言葉を、若者が使ってるのが腹立たしいだけなんだろw


何が下らないだよwあんたのこのブログの方がよほど下らないわw

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。