スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿な面接官に会うと、就活生も疲れる

面接官の就活生に対する不満として、「みんな(面接で)同じようなことしか言わない」、「マニュアル通りでつまらない」「準備してきたものを、そのまま喋ってるだけ」というものが挙げられるだろう。これらの不満から共通して言えることは、「就活生が自分の頭で物事を考えていない」ということだ。


確かに、マニュアルを鵜呑みにする就活生側にも落ち度はあると僕も思う。しかし、「面接において、なぜ就活生はマニュアル通りの発言ばかりするのか?」という問いを考える際に、その原因を全て就活生側に求めるのは間違っている。実は、就活生を責める面接官側こそ、マニュアルに染まっているのではないか・・・と僕は考えている。


全ての面接官がそうとは言わないけれども、面接官の中には明らかにバカな質問を発する人がいる。以下の文章は、「1対1の個人面接」の場面をイメージしながら読んでいただけるとありがたいです。


例えば、僕が明らかにバカだと思う面接官の質問は「学生時代、あなたが一番頑張ったことはなんですか?」というもの。その質問の答えは、明らかにあなたの目の前にあるエントリーシートに書いてあるじゃないですか。なんで、エントリーシートの質問をそのまま繰り返すんだ。限られた面接時間の中で、そんな下らない質問をするんじゃない。


その他の質問内容も「学生時代に直面した困難」「困難から何を学んだのか」など、マニュアル質問のオンパレードになることも少なくない。面接官の皆さん、本当にこれらの点に興味があって聞いてるんですか?人事部から聞いてくれと言われた質問をそのまま垂れ流してるだけなんじゃないですか?就活生の答えを聞いて「その答えではあなたという人間が見えてこない」という言葉を発する面接官がよくいるが、あなた達の発する質問からもあなた達と言う人間が見えてきませんよ。


このような薄っぺらい質問に対しては、マニュアルのような薄っぺらい答えが返ってきても無理は無いんじゃないか。就活生もバカじゃないから、面接で聞かれそうな質問に対しては、事前に想定問答集みたいなものを作る人もいる。これはあくまでたたき台に過ぎないと思っていても、あまりにも想定どおりの質問が面接官から発せられたら、事前に用意してきた答えをそのまま発してしまうだろう。自分の頭で何にも考えていないバカ面接官が、中身のある面白い答えを聞きたがるなんて図々しい話なのだ(勿論、このような思考停止するバカ面接官は一部であり、きちんと自分の頭で考えて質問をしてくださる人たちもたくさんいます)。


「就活生は同じようなことしか喋らない」と面接官は嘆いているんだろうけれど、それは当たり前だろう。自分達がどの人にも同じようなことしか聞いてないんだから。就活生のつまらない答えを聞かされる原因は、つまらない質問をする自分達にある。面接官は、このような自己批判能力を身につける必要があると思う。就活生の側ばかりが「マニュアルに染まっている」なんて文句をつけられるのはフェアじゃない。


また、面接の場面だけでなく、面接を始める前の振る舞いから「社会人のコミュニケーション能力不足」を感じることがある。これは、少し言いがかりのような気が自分でもするので、流して読んでもらえればと。


そもそも、面接官は「自分が、就活生のエントリーシートの内容をどのくらい理解しているのか。軽く目を通しただけなのか。それとも、きちんと一読し終えたのか」ということを示さないことが多いが、これは不親切ではないか。コミュニケーション能力が大事だと就活生に語っているくせに、就活生との間で「自分がどれだけエントリーシートの内容を理解しているのか」という共通認識を形成しようとしていない。これでは、就活生の側も「エントリーシートに書かれていることをそのまま喋るべきなのか、それとも要点だけかいつまんで話せばよいのか」ということが分かりにくいのではないか。


例えば、総合商社の丸紅の面接だと、面接官は面接を始める前に就活生の目の前でエントリーシートを一読する時間を取る。これで就活生側は、「あぁ、この人たちはエントリーシートに書かれている内容については大まかに理解したな」ということを確認でき、面接の中で無駄な情報(エントリーシートに既に書いてある事項)を喋ることを防ぐことが出来る。


面接官が自分のエントリーシートの中身をどの程度理解しているのかという点が不明瞭でも、就活生が面接官が自分の話をどの程度理解しているのかという点を常に察した上で会話を進めることが求められるのは、勿論のことだ。しかし、仮にも就活生に「コミュニケーション能力」を求めるならば、面接官たちも自分達の能力とやらを面接の中で見せて欲しいですね。自分の能力の無さを棚に上げて、就活生に多くのものを求めることだけは止めてもらいたいと思う。

仮にも就活生に「コミュニケーション能力」を求めるならば、面接官たちも自分達の「コミュニケーション能力」とやらを面接の中で見せるべきだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何度も書いてきましたが、私が各企業に強く求めたいことは、「もっと採用活動を丁寧にしてほしい」ということです。就活をしていたころ、説明会と筆記試験、1次、2次面接で同じ人の顔を見たことがあります。ちなみに、いわゆる就活サイトの運営母体の、リのつく某企業です。どこまで採用活動にかける経費をケチるんだと思いましたし、そんな会社が就活サイトなど運営している現状に暗澹たる気分にさせられました。だから、学歴や年齢、性別で足切りをするようなことがまかり通るのではないかと思います。このような採用活動を行う企業は枚挙に暇がないことと想像します。そして、杜撰な採用活動をしていながら、優秀な即戦力になる人材を求めるなど、虫がいいにも程があると思います。

Re: タイトルなし

> John Smithさん

いつもコメント有難うございます。
「もっと採用活動を丁寧にしてほしい」というのは、僕も同意見です。僕もいくつかこの点に関して記事を書いているので、よかったら読んでいただけたら嬉しいです。就活デモも、「新卒一括採用」の点よりも、「採用活動のやり方の改善」を主張するのもありかな・・・と思っていたのですが、僕自身は関係者ではないので好き勝手なことはいえません。だから、ブログという場で自分で勝手に書いています。

リのつく某企業・・・。就活サイトの運営母体のくせに、そんなに適当なんですね。リのつく某企業も、今度記事で叩かなければ(笑)

No title

分かる
質問に対して
マニュアル通りの答えが返ってくるのは
質問自体がマニュアル通りに言わせてるようなものなんだから仕方がない!

たとえば、わたくしPG志望者が面接官に聞かれたことを挙げてみる

面接官「当社で仕事していく自信はある?」

私「はい、学生時代のアルバイトでの社会経験を生かしていこうと思います!」

面接官「証拠は?」

私「はい?」

面接官「あなたが証明できるものが今ここにありますか?経験や資格なんて
嘘でも通るでしょう。」

私「制作したゲームを書類選考で提出しました、証明できてますよねw」

面接官「そんなのネットでパクればどうにでもなるでしょう?」

私「はい…。(だめだこいつ…早く何とかしないとwww)」












Re: No title

> 名無しさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>面接官「証拠は?」

私「はい?」

面接官「あなたが証明できるものが今ここにありますか?経験や資格なんて
嘘でも通るでしょう。」

私「制作したゲームを書類選考で提出しました、証明できてますよねw」

面接官「そんなのネットでパクればどうにでもなるでしょう?」

私「はい…。(だめだこいつ…早く何とかしないとwww)」


こ、これは・・・(笑)面接官はそんなことを言うのならば、選考を嘘をつける面接の形で行うのではなく、実際に能力を確認できるインターンシップという形式で行うべきです。一体何を考えているのか、訳が分かりません。災難でしたね・・・。

初めまして、ハーゲ彗星です。私が面接というものの認識が間違ってるのかもしれませんが面接ってものはそもそもクリエイティブなものじゃないんだと思います。杓子定規の質問にマニュアルで返す、儀式だと私は認識しております。ただこの儀式が案外侮れない、要するに貴方は会社に入ってもクリエイティブである必要はない、ただ黙々とマニュアル通り仕事すればいいってことだと思うんです。マニュアル通り答えることが本質的に会社が求めることだという認識です。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。