スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手社員の海外派遣充実、「大手病」の深刻化につながる?

昨日の産経新聞に「若手社員を海外へ 国際競争で危機感持つ日本企業 グローバル人材急ぐ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111119-00000532-san-bus_all)という記事が載っている。新入社員だけでなく、入社数年目の若手社員も積極的に海外に派遣して、語学力・現地の文化の理解などを深めることを図るようだ。


記事の中では、三菱商事が入社8年目までの全社員に海外経験を義務づける新制度を導入したということや、日立製作所が海外への派遣人数を約10倍に拡大し、今年度と来年度の2年間で、30代中ごろまでの社員計2千人をグループから選んで1~3カ月間、海外の現地工場や語学学校、取引先などに派遣する予定などの具体例が紹介されている。その他にも丸紅、武田薬品工業、トヨタの取り組みが紹介されている。中でもトヨタの取り組みが印象的で、記事によると「来年度の新入社員から最大10人を入社前の半年間、米国ペンシルベニア大学に短期留学させる。しかも、授業料、渡航費は会社側が負担」とのこと。至れり尽くせりさに驚く。


しかし、産経新聞を非難するわけではないけれど、記事の中で大手企業の取り組みばかり紹介してしまっては、就活生の目線も、充実した研修を実施する大手企業にしか向かなくなるのではないだろうか。


大手企業を志望する人には「安定志向」というレッテルが貼られがちだけど、実際には、充実した研修を通して自分をより成長させたいという向上心から大手企業を志望する人も多くいるかもしれない。「物はいいよう」と言ってしまえばそれまでだけれど・・・。


思うのだが、大手企業に入社することで「挑戦の機会」と「安定」の両方を手に入れられる・・・という捉え方が出来るのではないか。これが、ベンチャー企業だと「挑戦の機会」だけ。公務員とかだと「安定」だけとなってしまうが、海外研修が充実している大手企業に入社することで、海外研修を通して「挑戦の機会」を得られるともいえるし、会社がじっくり育ててくれるということで「安定」も得ることが出来ると思う人がいてもおかしくない。とにかくお得感があるように見えるという点で、就活生からの支持を集めるのも分からないでもない。


この産経新聞の記事を見たら、「むしろ、なんで大手企業ばかりを目指しちゃダメなの?」という疑問が就活生から発せられてもおかしくなさそうだ。大手病に囚われる就活生はバカだという点に異論はないし、所謂「隠れた優良中小企業」も就活生が自分で調べて探せよという意見も分かるが、新聞やテレビなどのメディアを通して、隠れた優良企業を紹介する取り組みを活性化させることが必要だと思う。

新聞やテレビなどのメディアを通して、隠れた優良企業を紹介する取り組みを活性化させることが必要なのでは?との考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログにお越し頂きありがとうございます!
とても洞察力に優れた内容でとても楽しく読ませてもらいました★

Re: タイトルなし

> ブラック企業研究家てぃーもや さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>ブログにお越し頂きありがとうございます! とても洞察力に優れた内容でとても楽しく読ませてもらいました★

ありがとうございます。

No title

多くの人に優良だといわれる企業は難しいかもしれませんが、こういう性格の人にこの企業は向いているかも知れない、という紹介が増えていけばいいですね。

しかし、それが現実のものになる可能性はかなり低いと思います。今の社会人の大部分を構成する中高年は就職に関する事は「全て」自分の力だけで成し遂げたものだと思い込んでいる人がほとんどですから。
管理人さんのおっしゃるような企業の紹介が広がっていくと、おそらく「今の若い奴らは新聞で会社を紹介してもらわないと就職先をさがすことすらできないのか。ホント碌でもないのばっかりだな、若い奴らって」と居酒屋でやっていそうな愚痴が増えていきますよ。(普段は若者が就職していないことをあれこれ言っているくせに、こういう会社を知る機会を増やそうとしても文句をつける)

Re: No title

>多くの人に優良だといわれる企業は難しいかもしれませんが~とコメントしてくださった方へ

こんばんは、コメントありがとうございます。

>今の社会人の大部分を構成する中高年は就職に関する事は「全て」自分の力だけで成し遂げたものだと思い込んでいる人がほとんどですから

「ほとんど」かどうかはともかく、所詮そういう声には大して力は無いでしょうし(笑)、放っておけば良いのではないでしょうか。

>今の若い奴らは新聞で会社を紹介してもらわないと就職先をさがすことすらできないのか

「あなたの時とは事情が違うんですよ」と言い返すことも出来るかと思いますが、確かに就活生に対する保護が厚くなりすぎると「本当にそこまでする必要はあるの?」という声が出るのもおかしくはないと思います。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。