スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ採用担当者「履歴書は手書きが好印象」 

前に「手書きのエントリーシートなんて要らない」という記事を書いたけれど、採用担当者からすると、履歴書が手書きで書かれている方が好印象だと言うことが、ライフネット生命保険が実施したアンケートから明らかになった(http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111901000350.html)。


共同通信によると、ライフネット生命保険が実施したアンケートで、履歴書について「パソコン作成よりも手書きを評価する」との回答が全体の51・1%と過半数に達したという。その理由として「手間をかけて手書きの履歴書を送るかどうかで、学生の真剣さを測っている」という、実にステレオタイプな論理が挙げられている。また、本田由紀先生の「軋む社会」という本によると、就活生の「忠誠心」を試すために、あえて煩雑な手続きを課す企業もあるらしく、手書きエントリーシートはその「煩雑な手続き」の一例といえる。


一方で海外だと、手書きの履歴書はむしろNGだと思われているようだから面白い。"Japanese and English Resumes 13 Key Differences(http://www.aaronlanguage.com/essays/resume_essay.htm#top)"というページによると、日本と海外(というより英語圏の国?)の履歴書の形式の違いの一つとして、"A resume should be word processed. A handwritten resume would be inappropriate"と書かれている。要は、履歴書はパソコンで仕上げるべきで、手書きの履歴書はむしろ不適切なものとみなされるということだ。


「海外では~なやり方をしている」と書くと、「ここは海外じゃない!日本だ!」と言い出す人がいそうだけれど、履歴書・エントリーシートの件に関しては、就活生に手書きで仕上げることを求める日本の採用担当者がバカとしか思えないと何度でも書かせてもらいたい。


大体、「手書きで書くこと=真剣さの表れ」なんて発想がどこから出てくるのかが、よく分からない。どうせ多くの就活生は、「この経験から、~なことを学び・・・、あぁ、字間違えた!くそー、また最初から書き直しだ!だるいー!」としか思ってないだろう。手書きの履歴書は「うさぎ跳び」と通じるところがある。負担は大きいけれど、効果はない・・・と言う意味で。


殆どありえない話だけれど、普段の仕事の中で、パソコンじゃなくて手書きで文書を作成しなければならないという事情があれば、手書きのエントリーシートを就活生に書かせることも分かる。しかし現実には、いつもパソコンで文書を作成するわけだろう。そんな状況下で、応募者の「字の綺麗さ」なんか見てどうするんだ。


「文字の綺麗さから、応募者の人間性を確認したい?」その気持ちは分からなくも無いけれど、エントリーシートを手書きで書かせる以外にも、やり方はあるんじゃないか。例えば、面接の待ち時間に簡単なアンケートを書かせるとか。採用担当者は、「いかに就活生の負担を減らした上で、人間性を見極めるか」という点をもっと考えないとダメだと思う。


ちなみに、現在大問題の渦中にある東京電力さんも、手書きのエントリーシートを課してた気がする。本音を言えば、そもそも「エントリーシートに書かれている字が丁寧であるか否かで、その人の人間性が分かる」という固定観念を見直したほうがよいのではないか。


百歩譲って手書きのエントリーシートを書かせるとしても、就活生に負担をかけさせてる分、自分達も応募してきた就活生にきちんと合否連絡をするべきだ。僕の感覚では、エントリーシートを手書きで書かせる企業ほど、合否連絡が著しく遅い or そもそも合否連絡をしないところが多い。そういう企業は口では「お客様のために、社会のために」とか言いながら、実際は人なんか大切にする気なんてさらさらない企業なんじゃないか。


就活生ばかりに真剣さを求めて、自分達は適当な採用活動ばかりやってるから、「就活生に甘える社会人」なんて言われるんだ(あ、僕だけしか言ってないか)。「企業と就活生は対等」なんて言葉をよく聞くけれど、ふざけるなとしか思えない。こんな奇麗事が、就活における問題点を見えにくくしている。奇麗事に隠された問題点を、これからも明るみにしていきたい。

「手書きのエントリーシートを書き上げるのを就活生に課すのはただの無駄だ」という考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。 
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手書きの履歴書、エントリーシートがよいのならば、その企業から客先にだす見積書やら提案書、企画書の類も手書きにすれば、熱意がわかって、お仕事をとれることも増えるのではないでしょうか?

Re: No title

>Monさん

はじめまして、コメント有難うございます。

> 手書きの履歴書、エントリーシートがよいのならば、その企業から客先にだす見積書やら提案書、企画書の類も手書きにすれば、熱意がわかって、お仕事をとれることも増えるのではないでしょうか?

誠に失礼ながら確認させていただきたいのですが、これは僕に言っているわけではないですよね・・・?僕は記事の中で手書きのエントリーシートをむしろガンガン否定しましたので・・・。

多分、手書きのエントリーシートを課す企業の考えていることの一つとして「熱意を見る」というものがあるのでしょうが、なんとかwebのエントリーシートの文面から熱意を感じ取る、あるいは面接の機会を存分に利用することで応募者の熱意を測ってもらいたいものであります。手書きはあまりにも無駄すぎますからね。

No title

非常に同意できますし、長くてあと5年もすればPCでの履歴書等も主流になると思います。


ただ就活生が企業に対して「手書きは・・・・」と抗議するのは、就職をあきらめると同義語だと思います。
就活生ではなく、社会人がPC履歴書を主流である世の中にするべきですよね。

Re: No title

> lynさん

はじめまして、コメント有難うございます。また、同じ意見をお持ちとのことで正直嬉しいです(笑)

>長くてあと5年もすればPCでの履歴書等も主流になる

この点、どうしても手書きに積極的に意義を見出す人も多いようなので、僕の感覚ではなかなか難しいのではないかという印象です。PC履歴書が主流である世の中になれば良いですよね。



手書きの履歴書って?

管理人様、はじめまして

私も最近、このご時世なのに就活しているのですが、確かに仰る通りですね。 今まではそれが当たり前に感じたのですが、とあるサイトで海外で履歴書の手書きはNGだと言う事を知りました。

今はPCが主流の時代なのに、日本では未だに履歴書が手書きで書くのが当たり前の風潮で、どうしようもありませんね。 要は、世界に「これぞ、日本の文化」と自慢してひけらかしたいのでしょうか? これだから、自由競争で負けてしまうのかもしれません。

ある人事採用で、手書きの方が個人の人格・人柄が分かるとか、熱意が伝わるとか、そんなんで分かるのかって、突っ込みたくなりますけど。 超能力者でもないのに、素人が言っても説得力ゼロに等しいからやめてほしいですよね…。

これからの時代、履歴書もデジタル化でも問題ないと思うわけだし、職歴のある方は職務経歴書と統合して制作した方が作業効率も上がり、資源と時間の無駄が省けて経済的だと思ってしまいますね。 (笑)

Re: 手書きの履歴書って?

> #634cowboy さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>とあるサイトで海外で履歴書の手書きはNGだと言う事を知りました。

このエントリーで触れた「Japanese and English Resumes 13 Key Differences」という記事にも「手書きのレジュメは不適当だ」と書かれていますね。やはりおっしゃる通り、基本的には「海外で履歴書の手書きはNG」ということなのでしょう。

>人事採用で、手書きの方が個人の人格・人柄が分かるとか、熱意が伝わるとか、そんなんで分かるのかって、突っ込みたくなりますけど

そういうことを言う人事は、企業よりも刑務所にて勤務してほしいですね。刑務所から出所予定の人に作文を書かせ、その字を見て「また犯罪をするか」どうかを判断してほしいです(笑)
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。