スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活デモ関係者・批判者のミス&就活デモ成功祈願

いよいよ明日、東京で「就活ぶっこわせデモ」、京都で「カルト就活やめなはれデモ」が行われる。関係者の方々は、多かれ少なかれプレッシャーを感じていると思う。


僕は、デモという行動をとることを決断して、就活における問題点を社会に訴えようとするデモ関係者の姿勢を支持したい。何かに対しておかしいと思うことだけなら誰でもできるが、その違和感を訴えるために「デモ」という行動をとることが出来る人はなかなかいないだろう。デモ関係者の方々の熱意と勇気は素晴らしいと思う。


ただ、僕が知る限り、両方のデモ(特に東京の「就活ぶっこわせデモ」)には少なくない批判が寄せられている(僕自身も、2つほど就活ぶっこわせデモに関する批判記事を書いた)。「デモなんかしたって、何も変わらないよ!甘えるな!」という批判は取りあげる価値すらないので無視するとして、主な批判としては「デモを通じて、どのような主張をしたいのかが分からない」というものがあったと思う。


確かに、「就活ぶっこわせデモ」、「カルト就活やめなはれデモ」共に自分の公式ブログにおいて、現在の就活のどのような点に問題があるのか、どのような主体にいかなる改善を求めるのかという点について説得力のある主張を示さなかった。これは、小さくないミスだと思う。恐らく、今回のデモはメディアにも取り上げられるだろう。しかしその後、デモの存在を知った人が「デモについて、もっと調べてみよう」と思ってデモの公式ブログにアクセスし、その際に具体的な主張が殆ど何も書かれていなければ、就活に関わる問題について関心を抱く余地はなくなるのではないか。デモ参加者の行動が無駄になってしまう危険性があるし、その危険性を放置したのはデモ関係者の方々に他ならない・・・。


しかし一方で、デモ企画者・参加者には、外野から批判する僕らのような人たちとは違って「実際に行動を起こす」という強みがある。「就活ぶっこわせデモ」のツイートを見ると、既に新聞社からも取材を受けているようだから、彼らの行動を通じて「現在の就活に問題があるかもしれない」と考える人は増えるかもしれない。実際に行動を起こす人と、外野から批判しているだけの人。どちらが「就活の問題点を社会に認識させる」ということに貢献しうるかは、考えるまでも無く明らかだと思う。


そして、文章を書きながら就活デモ批判者(あくまでも、「デモで、どのような主張をしたいのかが分からない」という内容の批判者)、そして僕自身のミスに気がついた。就活デモのブログに説得力のある主張が掲載されていないというのなら、他ならぬ批判者自身が、その「説得力のある主張」の例を就活デモ関係者にメールか何かで送ってもよかったはずだ(勿論、その主張がデモ関係者の問題意識と合致するかは、また別の話だが)。勿論、本来デモ関係者自身も、自分の問題意識を具体的に言語化することを試みるべきだった。しかし、就活デモのブログの内容に満足がいかないならば、単にそれを批判するだけでなく、自分自身で適切な行動をとればよかったのではないか。


仮にデモ関係者の方々が、「デモを通じて社会に向けて声を上げれば、その声は社会に通じる」と思っているならば、それは違うだろうと言いたい。「現在の就職活動はおかしい!と熱く訴える熱意」と「就職活動のおかしさの中身を論理的に突き詰めていく冷静さ」。これらは車の両輪のようなもので、どちらが欠けても就職活動の問題点を社会に認知させることはできない。両方の視点を並行して持ち続けることが必要だ。


そして就活デモ関係者が、熱意・行動力はあるが、就職活動のおかしさの中身を論理的に突き詰めていく姿勢に欠けている場合、それに気づいた誰かが自身のブログか何かで、説得力のある主張を掲載すればよい。あるいは、ブログで就活の問題点を文章の形で表現することはできるが、実際にそれを街中で訴える熱意が無い場合、実際に行動を起こす熱意を持つデモ関係者に任せればよい。それぞれの行動に、それぞれ強みと弱みがあるのだから、互いが互いを補うという方向に動いていけばよいのではないか。


僕自身はデモには参加しないけれど、このブログの更新を通じて「就職活動はおかしさの中身を論理的に突き詰めていく冷静さ」という輪を回転させることに、微力ながら貢献していきたい。そして、明日のデモの成功を心から祈っています。

明日の就活デモは、ぜひ成功して欲しいという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

明日は私も京都デモに参加してきます。少なくとも京都デモについては、直前ではありますが、まとまった主張を公式ブログで述べられていますよ。

この記事で指摘されているように、私なりに今の就活の具体的な問題点と、でき得る具体的な主張を東京、京都双方のデモ主催者にお伝えしましたが、東京デモの方からは何のレスポンスもなく、残念に思いました。

本当に大切なのは、デモをした後の一人ひとりの行動だと思います。明日は、主張すべきと考えることを主張してきます。

Re: タイトルなし

>John Smith さん

コメント有難うございます。
今日はぜひ頑張ってきてください。お体にお気をつけて。

「本当に大切なのは、デモをした後の一人ひとりの行動だと思います」
このコメントに強く同意します。というか、このコメントを読んだことで一つ記事が出来ました。ぜひ読んでください。

明日の行動がどのように取り上げられるか。注目ですね。上手くいくことを祈りましょう!
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。