スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ面接官「賢いブサイクより、バカなイケメンが欲しい」~顔採用は避けられない~

今年の2月に「所さんの目がテン!」という番組の中で、「ホントに顔採用はあるのか?」という検証が行われたことを、みなさんご存知でしょうか?僕はこの番組を見ていたわけではないけれど、この検証結果がかなり衝撃的なものだったらしい(あくまでテレビなので、やらせの可能性は大いにあります。以下の記述もそのつもりで読んでいただければと思います)。


実験の概要、結果を番組ホームページから引用します(全文を読みたい方は、番組ホームページのライブラリーから、2011年2月19日放送の回のページにアクセスしてください)。

実際の企業の採用担当の方3名に、4人の女性を面接してもらいました。しかし、この4人は仕掛け人。2人は容姿端麗なプロのモデルで、2人は普通の女子大生です。さらに、モデルの2人には、あえて知識や教養がないように見える受け答えをしてもらいます。そして、面接官に、もし2人だけ採用するならと、選んでもらった結果、なんと全員がモデルの2人を選んだのです!(中略)男性でも、モデル2人と普通の学生2人で同じ実験をしてみると、今度は2社ともに面接官全員がモデルの2人を採用したのです!

ちなみに実験の参加者が写っている写真を発見しましたので、引用します。実験の中身については、こちらのページにも詳しく書かれています(http://matome.naver.jp/odai/2132289606601051201)
顔採用


ここで、「あえて知識や教養がないように見える受け答え」とはどのようなものだったのか。あるサイトによると、「今の首相の名前を間違える」とか「報告、連絡、相談のほうれんそうの意味を全部間違える(訪問、連携、掃除と答えていたらしい!)」というものだったようだ。ここまでバカな答えをしても「モデルのルックス」があれば採用されるという結果に、「まさかの衝撃www 」との声が上がっている(http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-3679.html、http://itaishinja.com/archives/2271099.htmlなど参照)。


実験結果を受けて、専門家は「日本の企業の場合、能力だけではなく、仲間としてうまくやっていけるかという関係も重視するため、第一印象が採用に影響を及ぼす」と答えたらしい。しかし、この実験を見る限り、第一印象は「重要」どころか「全て」と言っても良いんじゃないか。


僕は、企業がどんな人材を好み、誰を採用するかは各企業の自由でよいという考えを持っていた。しかし、この実験結果を見ると、自分の考えを覆したくなる気持ちが芽生える。面接官が、就活生の第一印象・・・というか見た目などを重要したがる気持ちはすごくよく分かるのだけれど、それでも超えてはいけないラインというのもあるのではないか。同じ程度のレベルの受け答えをした就活生2人のうち1人を選ぶ局面において、面接官が「見た目の良い人」を採用することは理解できる。しかし、いくらルックスが良くても、ここまでバカな受け答えをする人を選ぶのは、面接官のスキルに問題があるといっても言い過ぎではないだろう(断っておくと、実験に参加したモデルの人たちは「あえて」知識や教養がないように見える受け答えをしたのであって、本当にバカなわけではないです)。


「顔採用」といえば、去年サイバーエージェントの内定式の様子を書いたブログが炎上したことを覚えているでしょうか(「サイバーエージェント社の内定式がリア充すぎると話題に」http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-958.html参照)。内定式の様子を撮った写真などは依然としてネットに残っているのだけれど、確かにリア充の集まりと評したくなる気持ちも分かる(断っておくと、別にサイバーエージェントの内定者が酷いことをしたとか、そんなことは無いと思います)。


サイバーエージェント、「喜び組」が支えるサークル組織という記事(http://www.mynewsjapan.com/reports/1088)によると、特に女性に関しては「見た目重視」の採用を行っていると言うことが書かれている。藤田晋氏は「採用面談の時にもよく学生の笑顔を見て判断しています。…最後に契約を結んでもらえるのは、雄弁に語る人よりも笑顔がかわいらしいために、どこか安心感が持てる人の方だったりします」と「藤田晋の仕事学」という本の中で語っている。いや、お前が単にかわいい子が好きなだけだろという突っ込みもできるけれど、自分が採用する立場だったら「笑顔」に惹かれたり、だまされたりすることが無いとは言い切れないので、あまり強くはいえない。


確か、就活ぶっこわせデモにおいても、先頭を歩いていた女性が「顔採用やめろ!」と叫んでいた気がする。この「顔採用をやめろ!」という訴えを通じて、誰に対してどのようにして欲しいかまでは僕には分からない。


僕も、「所さんの目がテン!」で登場したモデルのような、いくらルックスが良くてもあまりにもバカな受け答えをする人は落とす・・・という我慢を各面接官にはしてもらいたいと感じている。しかし、面接官も人間だから、かわいい、かっこいい人を採用したがるのも分かる・・・というか当たり前といっても良いかもしれない。バカなイケメンを採用するために「現在の総理大臣なんか知らなくても、仕事には関係ない!」とか強引に採用するための理屈を編み出しそうですね。一方でブサイクに対しては、「現在の総理大臣の名前すら間違えるなんて、なんて常識の無い奴なんだ!」とか言い出しそうだけれども。


「顔採用をやめろ!」とまでは僕は思わない。そもそも、「顔採用の是非」というトピックにもあまり興味は無い。ただ、本当に「所さんの目がテン!」で登場した専門家が言ったように「日本の企業の場合、能力だけではなく、仲間としてうまくやっていけるかという関係も重視するため、第一印象が採用に影響を及ぼす」のならば、子供に対しても、「見た目も意識しないと、単にモテないだけじゃなくて、仕事に就くことすら難しくなる」というアナウンスを投げかける必要があるように思う。しかし、「ブサイク、ブスは社会で生きていくにあたって不利になるぞ!」ということを言ったら、なんて酷いことを言うんだ!という非難を浴びそうなので、このようなアナウンスを伝えることは重要であるはずにもかかわらず、非常に難しい。


学校においては、見た目などに気を使わなくても勉強が出来れば高い評価を得ることが出来る。僕も中学くらいまではガリ勉だったから分かるつもりなのだが、「別に僕は格好よくないけど勉強はできるんだから、それでよいだろ」という考えを持っている人は進学校などに少なくないと想像している。しかし現実には、大学の新卒採用においては学力が高い人よりも、バカだけれども見た目や人当たりが良い人の方が好まれる。「勉強さえ出来ればよい」という考え自体がバカなことは賛成だけれど、間違った方向のみに努力し続ける人に対して何か声をかけてあげる方法くらいは考える人がいても良いと思う。


現状を肯定するか否かは別として、「どのような人材が社会において有利に生きられるのか」という人物像を、子供に対してアナウンスする方法を発見する必要があるように思う。しかし、さすがに学校で先生が、「ブサイクやブスは社会で生きていくのが難しくなりますよー」ということは言えないだろう。保護者からのクレームはまず避けられない(笑)重要な問いだと思うのだけれど、他の人がこの問いについてどのように考えるのか、そもそもこのような問いを設定すること自体に異議を唱えるのか、顔採用がまかり通る現状を非難するのか、これらの点に興味がある。


「いくらルックスが良くても、あまりにもバカな受け答えをする人を採用するのは止めてくれ!」と思ってくださる方、「見た目を意識しないと、単にモテないだけじゃなくて、仕事に就くことすら難しくなる」というアナウンスの必要性について共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

加筆したと呟かれてたので拝読しました(笑)
就活イベントで話した就活産業の人も美人でグルディス無言で通過したと言ってたわ

テレビ番組ということで煽ってるところも大きいんだろうけど、サイバーエージェントの場合は業界が業界だし、それも営業職前提だと多少アホでもいいから顔で選ぶってのは合理的といえば合理的だよね。
A社とB社がどんな会社なのかは分からんが、実際露骨に顔採用するなら業界も限られてるはず。

理系の専門技術職だと業務に顔は関係ないだろうけど、文系の総合職・事務職じゃローテーションあるし、一生営業やらず経理や人事ってわけにはいきにくいよね。
後者は特に業務に必要な知識は入社後に勉強させる(入社前の自主的な勉強はいらない)んだし、いくら勉強できてもやっぱり顔だよねってのは一理あるかもしれない。

>間違った方向のみに努力し続ける人に対して何か声をかけてあげる方法くらいは考える人がいても良いと思う。

別に就活に限らずとも、ガリ勉はろくな大人にならない的なことは就活前の段階でよく言われることだと思うけどね。
自分も当てはまらないわけではないが(笑)、青春犠牲にしてまで必死こいて勉強してる人って、青春を過ごさないというより過ごせないってパターンだろうし。
「スポーツできないしモテないし折角なら学力で」って考えて勉強して一流大に入ったものの就職でうまくいかない人が結構いるんだと思う。
昔なら難関資格や公務員という逃げ道があったんだけどねー。

ただそのうち就活生を狙った整形ビジネスなんてできそうで怖いね。某国みたいに

俺は日本合わないからね

今日、久々にバイトの面接行ったんだけど、面接担当の女性社員の外見や所作、対応など全てが日本社会の特徴をあらわしていると感じたよ。
キャバ嬢風な化粧と胸の大きく空いた服装、幼稚なしゃべり方......。
けっこう大きな会社なんだけど、初っ端から引いてしまった。
すぐに気持ちを切り替え、これが会社の社風だから、合わなければ致し方ないって考えで面接をしてきた。
合否は2日以内に分かる。当然、電話かかってきても断るよ。

このブログ読んでビックリしたのは、
今日体験したことが、ここに全て書かれてる。

今日、面接官は「可愛い名前だね~、顔もモデルみたいに可愛い~」と連呼
(一緒に面接した2人は18歳の女子、専門学校生)

それが社風。バイトだし。いいんだよ。
でも可愛いだのそんな話が多すぎて、このバイトで何を学びたいとか、ただお金が欲しいからとか動機を聞くこともない。
それが社風、バイトだし、いいんだよ。

まさに、「日本の企業の場合、能力だけではなく、仲間としてうまくやっていけるかという関係も重視するため、第一印象が採用に影響を及ぼす」

俺はダメだね。
仲間として上手くやっていけるかって?
俺は中学でも高校でもクラスの中心だったし、ムードメーカーだから、これに関しては問題ない。
顔は?
日本帰国後に3回もスカウトマンに声かけられた。

もちろん協調性も能力の一つだから、英語ができる、仕事ができる以外のことを重視されるべきだって考えてる。

だけどさ、今日の事件、あれは度が過ぎるね。
俺はヨーロッパで10年育って、日本に戻ってきたんだけど、まさにthe Japanを目撃してしまってガッカリ。
帰国後、日本人の短所ばかり目に付いて息苦しい。
日本社会ってのは世界に置いて、本当に特色がある。
色が強すぎて僕には無理だ。
不自然なことが多すぎるよ。人間っぽくないんだ。
もう書くのに疲れた。
ありがとうございます、このブログの主さん。

Re: 俺は日本合わないからね

> バカだね日本社会 さん

はじめまして、コメント有難うございます。そして、具体的なエピソードの投稿、有難うございます。

>可愛いだのそんな話が多すぎて、このバイトで何を学びたいとか、ただお金が欲しいからとか動機を聞くこともない(中略)もちろん協調性も能力の一つだから、英語ができる、仕事ができる以外のことを重視されるべきだって考えてる。だけどさ、今日の事件、あれは度が過ぎるね。

上から目線に見えたら申し訳ありませんが、こういうバランス感覚が優れている意見は好きです。「面接の際に協調性よりも能力を見ろ!」とかそういう話ではなくて、「確かに面接の際に協調性を見ることは分かるけれど、いくらなんでもその能力"のみ"を見すぎではないか。"能力面"もせめて一定程度考慮すべきではないか」ということですよね。こういう点に苛立ちを覚えることには、すごく共感できました。

イケメンに生まれた俺は勝ち組でok?

Re: タイトルなし

>あさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

> イケメンに生まれた俺は勝ち組でok?

OKなんじゃないですか(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 非公開コメントをくださった方へ

はじめまして、コメントありがとうございます。

人が人を判断・評価する際に「顔」を見てしまうのは仕方がない面もあると思いますが、一方で限度というものもあるべきなんじゃないかと思っています。それが企業・就活生双方にとって良いと思いますし・・・。もし、本当に顔「しか」見ていないような採用担当者・面接官がいるとすれば、おっしゃるとおり「立派な社会人面をしていることが信じられません」と評価して良いと思います。

No title

日本人はもっと合理的に考えないといけないな。

1番目に、所さんの目がテン!という番組は、実際の就職活動の学生のすべての調査をしたわけでもないし、ごくほんの一部のサンプルで、偏りがあるかもしれないのに、たかだかTV番組のサンプルで日本全国の面接が顔だけで決まっているとは言えない。

2番めに、サンプルの偏りについてわかっていない。もしかして、営業職の採用かもしれないので、その場合は顔で決まるだろう。

3番目に、日本人は英語がわからないので、心理学の知識と応用で世界から取り残されている。人間が、第一印象だけで決めるというのは、もう20~30年前から英語で書かれている心理学のろんぶにゃ本では常識である。それどころか10秒くらいの初めの第一印象は非常に強いので、どんなに「顔で決めないで」とか「第一印象だけで決めないで」と注意をしても、人間はどうしても第一印象や顔で決めるのだ。

4番目に、心理学の実験と科学的な統計分析の結果によると、面接試験では良い学生やスキルがあるか、どうかは全く見抜けないそうだ。サイコロを振って選ぶのと同じくらいでたらめであるそうだ。なぜかというと、人間はどうしてもバイアス・偏見が入るからだ。日本社会がダメに成ったのも顔採用のせいもあるかもな。人間はみんな「俺は会えば相手を見抜ける」と豪語するが、統計分析で追跡調査をすると、人間は面接では何もわからないそうだ。 なぜかというと、相手が知性のある人間なので、面接前に想定問答集をやるとか、できるのでごまかせるのだ。 結婚だって、結婚前に相手を見ぬくことは無理でしょう?

No title

女性も男性も、整形手術をするとか、歯の矯正をするとか、ジムに行ってトレーニングするとか、努力しないとだめだよね。美しくなるには、遺伝だけではできない。アメリカに住んでいるけど、同じ白人でも貧しい人は太っていて、醜い一方で、金持ちは痩せていて美人だ。また、美人は、ジムに行ってトレーニングしたり、整形手術をしたり、健康にも気を使っている。そういう努力が外見に現れる。車だって、いくら高いお金を出して高級車を買ってもメンテナンスをしないと、すぐに汚くなるでしょう?人間も同じように、虫歯になったらすぐに治療をする、金を出して銀歯の代わりにポーセリンの歯ではを白くするとか、努力をしないといけない。

美は、遺伝だけでは決まらない。日々の努力が必要だ。美しくなるには、ものすごい努力、お金、決意が必要なのだ。

俺が18に戻ったら、そうだな、カネがないなら、20kgのダンベルを買って毎日ウェートトレーニングをする。20~30万円のお金をためて、鼻を高く手術をする。そして、虫歯を治し、歯を白くする。50万円くらいお金が貯まるなら、歯の矯正をする。その代わり、旅行にもどこにも行かないし、酒も飲まないし、遊ばない。それと、安いNHKのやさしいビジネス英語を毎日やれば、英検1級が取れるよ。毎日単語と文章を全部暗記すればね。賢いビジネス英会話の基本が身につくし、一石二鳥だよ。

No title

本旨とは外れているのは承知のうえでコメントします
管理人様もスルーしてくださって結構です

アメリカでも整形手術をトレーニング等のように好意的な努力と捉えるのですね
てっきり韓国だけかと思っていましたw
本当に価値観の話なので良し悪しというものはないと思いますが、
少なくとも俺は整形手術は受け入れられません

Re: No title

> アメリカ在住エンジニア さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>1番目に、所さんの目がテン!という番組は、実際の就職活動の学生のすべての調査をしたわけでもないし、ごくほんの一部のサンプルで、偏りがあるかもしれないのに、たかだかTV番組のサンプルで日本全国の面接が顔だけで決まっているとは言えない。

はい、だから本文の最初にも「あくまでテレビなので、やらせの可能性は大いにあります。以下の記述もそのつもりで読んでいただければと思います」という断りを入れたわけでして・・・。

>営業職の採用かもしれないので、その場合は顔で決まるだろう(中略)それどころか10秒くらいの初めの第一印象は非常に強いので、どんなに「顔で決めないで」とか「第一印象だけで決めないで」と注意をしても、人間はどうしても第一印象や顔で決めるのだ。

営業職の採用だとしてもあまりにもバカな人を採用するというのは、その決定をした面接官の価値判断に疑問が残りますけどね。

僕は記事本文で「面接官が、就活生の第一印象・・・というか見た目などを重要したがる気持ちはすごくよく分かるのだけれど、それでも超えてはいけないラインというのもあるのではないか」と書いています。つまり、別に評価の際に「顔」を考慮するのは分かるけれども、その要素を過度に評価するのはおかしいのではないか?という疑問を投げかける立場な訳です。

>3番目に、日本人は英語がわからないので、心理学の知識と応用で世界から取り残されている。人間が、第一印象だけで決めるというのは、もう20~30年前から英語で書かれている心理学のろんぶにゃ本では常識である

この点については、過去記事「面接においては、第一印象が"重要"どころか"全て"・・・?(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-112.html)」で詳しく書いていますので、もしよろしければそちらも読んでいただければと思います。

>4番目に、心理学の実験と科学的な統計分析の結果によると、面接試験では良い学生やスキルがあるか、どうかは全く見抜けないそうだ。サイコロを振って選ぶのと同じくらいでたらめであるそうだ

これは知りませんでした。さすがに「全く見抜けない」というレベルまでとは思っていなかったので驚きました。ただ、そうなると日本に多くいる「人材コンサルタント」の存在価値が疑わしくなりますね(笑)

本当に賢い奴は顔採用で受かるような所には入らない。困ったら研究所に勤務するとか大学に残るとかいくらでも出来る。顔採用を非難する奴はちょっと人よりお勉強ができる程度の不細工である。

まあ東大いって大学院で飛び級してさらにカリフォルニア大学に留学するくらい勉強出来ても不細工には女友達一人出来ないのでその辺りは気をつけたほうが良いだろう。

Re: タイトルなし

コメント返信の順番が滅茶苦茶ですが、取り急ぎ返信の文面が出来たものから返信します。

>違うな さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>本当に賢い奴は顔採用で受かるような所には入らない

まぁ、少なくとも「ルックス」が採用の際に相当程度重視されるところに、肝心の「ルックス」が悪い人が応募してしまうというのは、「あまり賢い行為とは言えない」と言えてしまうのが現実かもしれません。

No title

文系の採用なんてこんなもん
誰も大学での勉強なんてみてないから
容姿やコミュ力重視になる

No title

>文系の採用なんてこんなもん


ですよねww

No title

まあそういう会社は話題作りに終始してすぐ潰れるよ。落ちた方が得策。

No title

デスマーチ部隊ヘゴー

No title

サイバーエージェントって中身ない炎上前提のゴミじゃん

No title

北朝鮮じゃん
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。