スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活ぶっこわせデモへの、僕が賛成できない批判集

23日に東京・京都で就活デモが行われたわけだが、特に就活ぶっこわせデモに対しては批判が殺到している。その中で、僕の中で納得できない批判がいくつかあったので、それぞれ取り上げていきたい。


①「内定くれよデモ」と勘違いする姿勢
デモを見た人の中には、就職に失敗した負け惜しみとしての行動だと受け取った人も多いようである。この点、ニコニコニュースによると、「学生に勉強する時間を」「(就職に必要とされる)『人間力』ってなんだ」「"就活メイク"ってなんだ。"就活に強いボールペン"ってなんだ」「リクナビつぶれろ、マイナビつぶれろ」「(採用活動の)早期化反対」「ゆとりにゆとりを」「大学は就活予備校じゃない」という訴えがデモにおいてなされたことが分かるが、これらの不満(問題点)が解消されてデモ関係者の方々が内定をとることにつながるのだろうか。僕にはよく分からない(ただし、「(就職に必要とされる)『人間力』ってなんだ」というメッセージに関しては、内定くれよという訴えとつながりうることは分かる)。


仮に、「新卒一括採用反対!」という訴えのみを内定が無いまま卒業しようとする人がしていたならば、「俺らを働かせろ!」というデモなのではないかという解釈をすることは分かる。でも、現実には他の訴えもしているわけだから、今回のデモを「内定くれよデモ」と単純に捉えることはおかしいと思う。


また、朝日新聞を見ると、まだ選考に参加していない、都内の私立大3年の女子学生も就活のおかしさを訴えようとしていることが分かる(「女性は笑顔でなければダメだと言われ、講座の最後には大声で『内定取るぞ』と言わされる。就活のおかしさを伝えたかった」 と女性は朝日新聞のインタビューに答えた http://www.asahi.com/national/update/1123/TKY201111230310.html)。確かに就職に失敗したストレス発散として参加した人も居るかもしれないけど、就職活動のあり方について疑問の声を上げようとしていることは、この朝日新聞の記述からも分かるのではないか。なんで、こうも「内定くれよ」デモとみなすのかが僕には理解が出来ない。


②ろくにデモの概要を調べもしないで、デモの目的を決めつける姿勢
「就活に強いボールペンってなんだ」ということが知りたくてgoogle検索をしたところ、「浅見加奈の思考回路」というブログの記事(http://asamikana.blog.fc2.com/blog-entry-6.html)にたどり着いた。


引用元の記事を読んでいただければ分かるが、そもそもこのブログの管理人は「就活ぶっこわせデモ」を就活制度そのものを廃止することを目的としたデモだと解釈しているのだけれど、その解釈に至るまでにやったことといえば「就活ぶっこわせデモ」のブログの記事を一つ読んだだけ。それで、デモの狙いが全て分かったような気になっている。しかも、その受け止め方は間違っているという(笑)名称は「就活ぶっこわせデモ」だけど、別に就活制度そのものを廃止することを目的としたデモではないことは、もう少し記事を読めば分かるはずだ。


確かにデモ関係者の主張の訴え方にも問題はあると僕も思うけれど、このようにちょっと調べただけで全てを分かったような気になって、ある行動の評価を短絡的に下す姿勢には反対だ。デモ関係者が何が言いたいのか正確に分からないこと自体は問題ない(僕にも、分からないところはある)。また、デモの概要を理解するために、「就活ぶっこわせデモ」のブログの記事を全て読むわけにもいかないというのも分かる。皆さん、忙しいでしょうから。


ただ僕は、デモ関係者の主張内容が分からないのに、なぜ、その分からない主張内容を「甘え」とみなせるのかが分からない。①に記したこととも関係するけれど、どうせ短絡的に「内定くれよ」、「働きたくない」デモだと決め付けているんじゃないか。主張内容分からないんじゃなかったんですか?なら、なぜそのまま「主張内容が分からない」という感想で終わらせず、「甘え」「甘え」と叫ぶのか。訴えの表現の仕方が「甘い」という評価なら理解できるけれど、大してデモ関係者の考えを調べようともしないで彼らの目的を勝手に決め付ける姿勢には、僕は賛成できない。


③「自分が採用担当だったら、デモやるような学生を採用しない」という姿勢
この点、プリンシプルのない日本という本で白州次郎は「彼ら(左傾的思想のある学生)の思想がお気に召さないのなら尚更、会社に採用してやって、その性根を叩き直してやるという気概と親切を持ってこれら青年に対処してもらいたいと願うのは、月の世界に旅行し渡いと希望するようなものであろうか」と書いている。さすが、「自分が採用担当だったら、デモやるような学生を採用しない」と言ってる人とは器が違う。


白州次郎は、「御偉方諸氏もみんな一度は若かったのだ。昔の若かった時代のことを思い出して見て下さい」とも書いている。しかし残念ながら、現在では大人どころか若者までもが「デモなんかする人は、就職できない」ということを言っています。物事の考えがとことん均質化している日本人が「グローバル人材」なんか目指して良いんでしょうかね。全く身の丈にあっていないように思える。無理するのはやめたほうが良いんじゃないですか。


「デモしている暇があったら、勉強しろ」という姿勢
こういうことを言い出したら、デモ行為なんか一切出来なくなるんじゃ・・・。別に、勉強もデモも両方やればいいんじゃないか。


多分デモで「就活のせいで勉強できない」という訴えを言葉どおり受け取っているから、「勉強したいんでしょ?デモなんかしてていいの?」という批判をしている人がいるのかもしれない。これはデモ側の表現の仕方にも問題があるとは思うけれど、「勉強する時間が全く取れないよー」という嘆きというよりは、「なんで大学に授業料払っている状況下で、授業をサボって企業の説明会や選考を受けなければならないんだ」という訴えでしょう(この訴え自体には「それなら、選考を受けなければいいだろ!」とかいう批判が寄せられそうだけれど)。デモのメッセージ自体は確かに分かりにくいけれど、同時にメッセージを受け取る側の想像力、デモの意図を読み取ろうとする姿勢も欠如しているような気がする。


また、「デモしている暇があったら」という言葉から、なんとなく「デモ」という行為そのものを無駄とみなしている姿勢が感じられる。このような声をあげる人は、ちょっと「デモ行為」そのものに対する嫌悪感が強すぎるのではないか。


自分達が社会人になってから、企業の内部から変えればいいじゃん!という姿勢
この意見のようなスタンスを採るのも確かに一つの方法かもしれないけれど、それと同時にデモもやっても良いんじゃないですか。


多分この発言をする人は、別にデモ関係者が企業に入社して採用担当者になっても、どうせ何も変えられないだろうと思っているような気がする。「やれるもんなら、やってみろ!どうせ、出来ないだろうけど」という気持ち。


僕は今回のデモを通じて、少なくとも企業の側が、自分達(企業)の側に問題があるかもしれないという可能性について少しは考えるのかなと思っていたけれど、少し考えが甘かった・・・というか企業の側を過大評価しすぎたようだ。よくデモ関係者に対して、「社会のせいにするな!甘えるな!」という批判を見るけれど、企業の側も就活生の側に甘えている可能性は本当に「0」なのでしょうか?


⑥「私は雇用問題に関心があるが、就活ぶっこわせデモの主張が見えてこない。具体例を示せ」という姿勢
そもそも現在の就活のあり方に問題が無いと考えている人が、就活の問題点を訴えようとする団体に対して「一体、どのようなことを訴えるの?」ということを聞きたくなるのは分かる。だって、そもそも就活に問題があるということがイメージできないのだから、問題があると言う証拠・具体例を示せと言いたくなるのは当然のことだ。


しかし、雇用問題に関心があるという人が「具体例を示せ」と要望するだけで終わるのはいかがなものか。雇用問題に関心があるんですよね?じゃあ、自分が具体例を文章の形にしてデモ関係者に送る(しかし、実際に送った方は無視されたらしいが・・・)、あるいはコメント欄に自分の文章を残すと言うことも出来たのではないだろうか。具体例を示さないデモ関係者の姿勢を非難したくなる気持ちは分かるけれど、一方で自分がどのような行動をしているのかといえば、何もしていないわけで。これは僕にもいえることだけれど、雇用問題に関心がありながら外野から非難するだけの人は、自分がバカにしている就活ぶっこわせデモ以下の取り組みしかしていないということを自覚するべきだと思う。


今後も気がついたら加筆修正していきます。ただ、誤解しないで欲しいのだが、デモに対する批判が一切ダメという話ではない。「主張内容に反対」、「何が言いたいのか分からない」、「もう少し戦略を立てて進めるべきだった」など、デモの主張内容・進め方に対する批判はあって当然だと思う。ただデモの概要をろくに知ろうともしないにも関わらずデモに対する評価を下そうとする姿勢(何を伝えたかったのか分からないと感じたなら、分からないってただ言えば良いんじゃないか)、デモ行為というものに対する厳しい姿勢については個人的には賛成できなかったので、今回記事の形にしたと言うわけです。まぁ、あくまでデモ関係者でもない僕個人の感想なので、この感じ方が全てというわけではありませんが。


以上の就活ぶっこわせデモへの批判は、とても賛成できないものだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デモ批判をしている人の中には、社会人や内定を貰った方が参加していることを知らずに「内定くれよデモじゃないか!」と言っている人もいましたし、主催者の人格叩きに熱心な人もいました。

総じて思えるのが、「我々は現在の制度で楽を出来る立場なんだ。それを壊そうとするとはなんなんだ!」という思いが伝わってきます。

確かに現在の制度だと企業は好き勝手に採用活動を行えますし、就活サイトも利益を得ることができます。そういった「既得権益を守るため」顕在的・潜在的拒否反応が出てしまうのでは?と思いました。


本当に「甘え」を使って批判する人は、脊髄反射で書き込みをしてるんじゃないだろうか?ってくらい稚拙な意見しか言っていなかったように思いました。

Re: No title

> 現3年生 さん

はじめまして、コメント有難うございます。
ひょっとして、就活ぶっこわせデモのブログにコメントを残していませんか?僕は、現3年生さんの意見に共感しながら、コメントを読み進めていましたよ!

おっしゃるとおり、短絡的な批判が多すぎでしたね。僕もびっくりしましたから。デモの意図を読み取れないのは分かるけれども、デモのこともロクに分かっていないのに「甘え」と評す人が多いのは、本当に大丈夫か・・・・と思いましたね。

既得権益を手放したくないというのも、そうかもしれません。それも、残念ですね。まぁ、人間皆、欲望の塊と言えるかもしれませんが・・・。

そんな声が多いからこそ、デモ関係者の人格・立場への批判ではなく、主張内容・表現方法についての意見表明を冷静にしていきたいという思いが強くなっていますね。

はい。ぶっこわせの方にもコメントを残しています。
ところどころ感情を抑えきれていない拙い文章ですが、共感ありがとうございます。
自分自身、就活はこれからなので偉そうなことは言えませんが、ブログに書いてあるような鋭い視点から「学生が企業を選ぶ」という点も忘れずに臨もうと思います。

Re: タイトルなし

ぶっこわせの方に寄せられたコメントを見たら、感情的になるのも分かります。だって、訳が分からない批判が多すぎですからね・・・。納得のいく就職活動となることを祈ります!
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。