スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接という茶番劇に「自分を偽ったら、入社後に後悔するよ」というアドバイスを胸に臨む就活生が抱くであろう葛藤

「面接が茶番だ」という言葉を発したことがある人は決して少なくないだろうが、この言葉が意味するものは「面接官に合わせるために、思ってもいないことをペラペラと話さなければならない」という苛立ちだと思う。例えば志望動機を聞かれた際に、本当は「お金が欲しいから」という理由しかないのに「御社の~なところに惹かれて・・・」という方向性で答えることを余儀なくされる。


誤解しないでほしいが、ここで言いたいのは「面接官は、本音を剥き出しにする就活生を採用するべきだ」ということではない。ただそれでも、自分が思ってもいないことを発言することに嫌悪感を抱く就活生が「面接は茶番だ」という気持ちを抱くこと自体は決して否定できないと思っている。


そもそもなぜ「自分が思ってもいないことを発言すること」を「茶番」と感じてしまうのだろうか。それは、そう感じる人の中に「自分の思っていることを正直に伝えることこそが是だ」という常識が定着しているからではないかと僕は考えている。だからこそ、その常識から逸脱した「嘘をつく」という行為をバカバカしいと感じるのだと思う。


加えて就活の場面においては、就活生に「面接では、自分が考えることを正直に話すべきだ」と思わせるツールがある。それはよく言われる「面接で自分を偽ると、入社後に後悔するよ」というアドバイスだ。これは言葉の通り、嘘をついてまで面接官に気に入られようとしてはいけないということを就活生に要請する助言と言える。このアドバイスは別に間違っていないだろうし、このアドバイスのおかげで納得のいく企業に就職することができた人もたくさんいるだろう。


しかし一方で、とある就活生の「自分の本音」が明らかに企業が求める素養から逸脱している場合、このアドバイスは就活生を心理的に追い込むことにつながるのではないか。具体的には「面接では本音を話そう」というアドバイザーからの要請と「~な質問ではちゃんと"建前"を語ってくれ。さもなければ落とす」という面接官からの暗黙の了解に挟まれることにストレスを感じる就活生は少なくないのではないか。アドバイスを受けて「面接では本音を語ることが是だ」と感じている状況下で自分の本心とは異なる発言をすることにバカバカしさを覚えるのではないか。


こうした類のストレスを軽減するため、僕は「面接では本音を話そう」というアドバイスをより丁寧に発する必要性があるのではないかと考えている。つまり、「確かに面接では本音を突き通すべき場面は必要だけれども、一方で必要に応じて"嘘"・・・というか"建前"を語ることは少しもおかしなことではない」という形でアドバイスを発する必要があるのではないかと思っている。ここでいう「本音を突き通すべき場面」とは「嘘をつくことにより、入社後に会社に馴染めなくなる状況を生み出し得る場面」のことを意味している。


例えば、学生時代の経験からどう足掻いても飲み会を好きになれなかった人が面接の場面にて「うちは社員同士の飲み会が多いんだけど、お酒とか好き?」と問われた場合は、それは「飲み会は嫌いです」という「本音を突き通すべき場面」といえる。なぜなら、飲み会嫌いの人が飲み会が多い会社に馴染むことは通常想定しがたく(飲み会の存在に憂鬱になるのがオチでしょう・・・)、入社しても不幸になることが見え見えだからだ。一方で、例えば「尊敬する人は誰ですか?」という質問がなされた際に「尊敬する人なんか別にいねーよ」と思っていた場合、それはとりあえず面接官の話に合わせる場面と言える。別にそんな質問に嘘をつこうが、入社後に「おい、お前あの時○○を尊敬してるって言っていたじゃないか!」と軋轢が起こることはまず無いだろうと思うので(笑)


このように考えるので、詳細な説明抜きに「面接ではありのままの自分を出そう」とアドバイスする、つまり就活生に「あらゆる局面で本音を語るべきだ」と思わせてもおかしくない形でアドバイスする人を僕は無責任だと感じる。「時に、本心と異なることを述べて面接官とのコミュニケーションを円滑にしようと心がけるのはおかしなことではない」というコンセンサスが根付くことで楽になる就活生は一定数いるのではないだろうか。「面接では本音を語ろう」という圧力を無くすべきだとまでは全く思わないけれども、少なくとも緩和する必要はあるのではないか。


「面接では本音を話そう」というアドバイスはもっと丁寧に発信されるべきだという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウチが第一志望ですか?」という質問を1次面接の段階でするのはおかしくないか

こちらの記事のコメント欄(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-419.html#comment3421)に「一三」さんから次のようなコメントを頂いた。

私が「変なの!」と思うのは弊社が第一志望ですか?という面接での質問です。そんなの答えるべき答え、決まってるじゃん。「第一志望です」

この意見に対しては半分反対で、半分賛成という考えを持っている。


まずなぜ「反対」なのかというと、別に最終面接ではそのような質問をしても良いのではないか?という考えを持っていることによる。この段階においてはそれまでの面接を通じて社員とコミュニケーションを重ねてきているわけで、それを踏まえて「他社ではなく、ウチに入る意思はあるのか?」と問いかけ、求職者の意思とその意思を持つに至った理由を確認することはそれほどおかしいこととは思えないのである。


しかし、1次面接や2次面接といった早い段階、換言すれば未だ社員とそこまで話していない状況下にある就活生に「ウチが第一志望ですか?」と問いかけるのはおかしいと感じている。就活生からすれば「ある程度は志望しているけど、"第一志望"にするかはこれからの面接で決めたいんだけど・・・。他にも受けているところがあるし」と思っても仕方が無いのではないか。  


よく面接は「お見合い」に例えられるけれど、僕がその例えを適切だと思えない理由は「1次面接など早い段階で第一志望かどうかを聞く面接官の行為」にある。僕はお見合いをしたことがないので現状認識が間違っているかもしれないが、まさか出会って少しだけ話した段階で「私と結婚してくれますか?」と相手方が言い出すお見合いは無いだろう。そんなこと言われたら「それは、もうちょっと互いに理解しあってから聞いてくれないか。そして今の段階ではあなたのことをよく知らない」と感じるのが自然だ。しかし面接の場においてはこのようなおかしな問答がなされることが珍しくないわけで、だから面接は「お見合い」に例えるよりも、やはり単純に「面接官による就活生の選別作業」と称したほうが適切なのではないかと考えるわけである。


これに関して、いつもこのブログで批判させていただいている(笑)常見陽平さんが次のような妥当な見解を述べている(http://www.s-shiori.com/con3/archives/2012/04/post-157.html)。

学生がかわいそうだと思うのは、(※「ウチは第一志望ですか?」と面接官から聞かれると)結局のところ「第一志望です」と言わざるを得ないことですね...。面接官からしても、せっかく業務を抜けて面接に協力したのに、「第一志望群です」と言われるとカチンとくる人もいるわけで。学生は「その面接を受けている瞬間は、その企業を第一志望だと思って臨む」しかないということになります(中略)やや極論ですが、企業の採用担当者は「ウチは第一志望ですか?」という質問をやめるべきだと考えています。第一志望だと決められるだけの情報を開示しているわけではありませんし、普通に考えると同時期に同じくらいの志望度で活動しているわけですから、その企業以外で揺れていることは明らかです。だいたい、その質問をしている面接官自体、その企業は第一志望だったのでしょうか?(中略)そもそも、採用活動は「来たい学生」ではなく「欲しい学生」を採用する行為です。欲しい学生は第一志望だろうとそうじゃなかろうと、志望度を上げ、口説き落とすのが採用活動です。志望順位も、志望動機すら聞かずに、納得のいく採用活動をしている企業は多数ありますし。

これはもっともな意見だと思う。上述のように、僕としては「最終面接だったら、第一志望かどうかを聞いてもよいのではないか?」と考えているが、「志望順位も、志望動機すら聞かずに、納得のいく採用活動をしている企業は多数あります」ということなら「そもそも第一志望かどうかを聞くのはやめよう」という見解も十分採り得る。しかし、「辞退者を出したくない」という企業側の利益に配慮すると、「最終面接で第一志望かどうかを聞く」という行為は肯定すべきなのではないかと僕は思っている。常見さんの言う「志望順位も志望動機も聞かずに採用活動がうまくいった企業」は、単純にその企業が有名で人気のある企業だったという話に過ぎないのではないか?という疑問もあるので、常見さんの見解には完全には賛成できない。


この通り細かいところで見解の違いはあるが、結局のところ、僕の見解でも常見さんの見解でも「1次面接で第一志望かを聞くのはやめよう」という結論に達する。「ウチは、嘘つきを採用したいんだ」という危なそうな会社や「はじめから最後までウチのことを第一に考える就活生しか採用したくない!」という訳が分からない会社を相手にしない限り、この見解は一定の説得力を持つものではないかと考えている。面接において不毛な問答がなされることが止むことを望みたい。


「ウチが第一志望ですか?」という質問を1次面接の段階でするのはおかしいという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加  

「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」と言ってくる面接官には、「私もあなたを"薄っぺらい"と感じるので、帰っていいですか?」と言って良い

本田由紀先生のツイートで、「ぱらすてるの神託」というブログの「就活感想日記」という記事が取り上げられていた。この「ぱらすてる」さん曰く就活は「ファッキンクソビッチゴミカスファッキンボケカスファッキンウンコクソファッキン野郎という絢爛秀麗な比喩表現を用いてもまるで表現しきれないくらいぶち殺したいもの」でしかなく、彼がそう感じるに至った要因の一つは「人格否定してくる面接官」であった。


「(君がこの会社にもたらすメリットはなんですかと聞かれ、僕が一生懸命答えた後に)まぁ君がそう考えてるならそうでいいんじゃないの」、「君、学生時代に何も面白いことやって来なかったんだね」、「そんなつまらない話はいいから、もっと面白い話無いの?」、「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」・・・これらはいずれも「ぱらすてる」さんが人事に言われた言葉らしく、特に最後の言葉は面接が始まって50秒後くらいに言われたものらしい。「ただの圧迫面接でしょ」と言ってしまえばそれまでだが、かと言って圧迫面接の名の下に面接官が就活生に対して好き放題に色々言ってきて、それに対して就活生がストレスを溜める状況があるとすれば、それはどうなのかと思う。


もし「ぱらすてる」さんと同様、面接官から面接開始50秒後に「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」という言葉を投げかけられたとしたら、場合によっては「私もあなたを"薄っぺらい"と感じるので、帰っていいですか?」と面接官に言い返して退出しても良いのではないかと考える。勿論、「どうせ面接は30分くらいで終わるし、圧迫面接だろうと耐えよう」、「この面接官はクソだけど、前の選考の面接官は良い人だったからとりあえずこの人は我慢しよう」などの価値判断を働かせて面接を受けることもアリだと思うが、例えば「もともとこの会社の志望度はそんなに高くないし、その上こんな面接官が出てくるんじゃ、もうこの企業の選考を受けてもしょうがないな」と感じる場合は、面接官を不愉快にさせた上で(笑)退出するくらいでちょうど良いのではないか。このような行動は就活生から見て、合理性・許容性共にあると思う。


まず、なぜ「合理性」があるのかといえば、「どう考えてもしょうもない面接官と無駄な時間を過ごしてストレスを溜めるくらいなら、面接をさっさと切り上げて別の企業を探したり、気分転換をしたりする方が就活生にとって得だ」という理屈による。もしかするとこれに対して「いや、そうは言っても面接に行くまで企業研究をしたり、エントリーシートを書いたりしたのだから、途中で面接を切り上げるのは勿体無い」と考える人がいるかもしれない。


しかし、経済学上の「サンクコスト」という概念に照らすと、いくら面接に行くまでに時間・労力を費やしたとしても、不毛な面接に時間を費やすことは損でしかないように思える。この「サンクコスト」とは「もう支払ってしまって、返ってこない費用」のことをいう(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34860?page=2)。そして、このサンクコストは意思決定の際に考慮すべきではないとされている。例を一つ、現代ビジネスのページから引用する。

デートで映画を観に行ったときも同じです。せっかく1,500円払ってチケットを買ったとしても、その映画がものすごく退屈で、眠気に耐えるのが大変だったら、最後まで観ないで出てくるべきです。途中で出て彼女の買い物に付き合っても、つまらない思いをして2時間無駄にしても、どっちにしろ1,500円は返ってきません。であれば、そのサンクコストである1,500円は無視して、「これから何をするのが一番楽しいか」を考えて行動すべきです(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34860?page=3

この事例と同様、もともと志望度が高くない企業のしょうもない面接官と時間を過ごしても、面接を切り上げてどこかに遊びに行ったとしてもどちらにせよ「企業研究をしたり、エントリーシートを書いたりした時間」は返ってこない。だからこそ、(もはや「当該企業への入社意欲がなくなった」という気持ちを持つことが前提だが)そのような時間を考慮することなく、「これから何をするのが一番楽しいか」を基準に据えて行動するのが就活生にとって一番得といえるのではないだろうか。その意味で、合理性はあるといえる。


許容性について言えば、理屈は単純で「面接官が先に"薄っぺらい"と言ってきたんだから、就活生も面接官に対して同じことを言い返して良いんじゃないか?」というものになる(笑)こう言い返して面接官が怒り出したら「いや、先に私に"薄っぺらい"といったのはあなたじゃないですか。今あなたは怒ってますけど、あなたは自分が言われたら怒り出すような言葉を私に言ってたということですか?」と返せば良いのではないか。


もっとも、いきなり「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」と言い出す面接官に理屈が通じるとは思えないし、上記のように言い返すことでトラブルが起きる可能性はゼロではない。ゆえに、無難に「いくら圧迫面接でも、いきなり人の人生を"薄っぺらい"と言ってくる面接官がいる会社に入りたくありません。失礼します」と、侮辱的ニュアンスを含めない表現を用いる方が良いのかもしれない。


以上より、許容性については若干怪しいが、一応面接開始直後に「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」と言ってくる面接官に対して「私もあなたを"薄っぺらい"と感じるので、帰っていいですか?」と言い返すことには合理性・許容性共にあるということにしておく(笑)一般的に「面接」という言葉からは「面接官が就活生を審査する」というイメージが強く漂うが、逆に面接の場で、就活生が面接官に直接「失格」の烙印を押すということがあっても良いのではないかと思っている。


「君の人生ってなんだか薄っぺらいね」と言ってくる面接官には、「私もあなたを"薄っぺらい"と感じるので、帰っていいですか?」と言って良いという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   

早期離職が起こる原因として、「若者の考えの甘さ」だけでなく、「上司が、若手社員から"こういう人になりたい"と思われるような振る舞いができていない」という要素も挙げられるのでは?

来月の23日に、株式会社カイラボと就トモcafeによる共同開催のイベント「『私○○を辞めました』就職人気ランキング上位企業を3年で辞めた若者たち。彼らにしか語れない企業選び、就職活動のポイントとは」が開かれるそうだ。このイベントの肝は、簡単に言えば早期離職者から、「多くの人が羨む"人気企業への入社"というチケットを手に入れながら、なぜそれを敢えて手放したのか」という点を聞き出すことにありそうだ(http://kokucheese.com/event/index/57439/)。実際、ゲストとして登場する予定の人たちの前勤務先は住友商事・ゴールドマンサックス・JTB・双日・旭硝子と、内定を勝ち取るのが難しい企業ばかり。


実は、株式会社カイラボの代表取締役である井上洋市朗さんとは、就トモcafeで開かれた既卒者カフェにてお会いし(この会です→http://ameblo.jp/laugh11/entry-11348444071.html)、早期離職者の実態についていくつか質問をさせていただいた。井上さんは、企業への不満から退職してしまった離職者に対する100件以上の対面インタビュー調査をまとめた「早期離職白書」というものの作成に取り組んでいる。


早期離職に関する調査は、他にも例えば一般社団法人・日本経営協会がやっている「若手社会人就労意識ギャップ調査」などがある。そこで、そのような調査と「早期離職白書」の違いを聞いてみたところ、①「若手社会人就労意識ギャップ調査」はヒヤリングの対象となった社会人の出身企業がバラバラだが、「早期離職白書」は一般的に大企業・ホワイト企業と呼ばれるところを止めた人から話を聞いている②「若手社会人就労意識ギャップ調査」はアンケート調査に基づく統計を出しているが、「早期離職白書」はインタビューを通じて統計の数字だけでは読み取れない要素も明らかにしようと試みている、という点に違いがあると井上さんは仰っていた。この度就トモcafeと共同で開くイベントにやってくるゲストの出身企業が有名企業ばかりなのも、井上さんがインタビューした対象の中心がそういう人たちだったからということが理由だろう。


早期離職者が何を考えていたのかは、詳しくはイベントで語られると思う。一言で「大企業の早期離職」といっても、その理由は様々のはずだ。例えば「博報堂を辞めました」というエントリーを書いた高木新平さんみたいに「自分が成し遂げたいことが会社にいたままでは実現できない」と感じて辞める様な人もいれば、会社の雰囲気が合わないと感じて辞める人もいれば(この場合「なんで内定取れちゃったんですか?」と聞きたくなるが)、「会社に大きな不満は無いけれど、このまま会社にいて大丈夫なのか」という危機感から会社を辞める人もいるだろう。この点、井上さんがインタビューした早期離職者は「会社は良いところだけど、このままで良いのか」、「5年後の自分が、ああいう上司になると思うと危機感があった」という気持ちを抱いて早期に会社を辞めるに至った場合が多いらしいので、イベントでは特にそういう方向性の話が聞けるのではないだろうか。実際にカイラボのホームページにも、早期離職白書作成に当たって「調査内容から、前職での満足度が高いにもかかわらず退職をする方」も存在することが示唆されていて(http://kailabo.com/earlydorop/)、多分これが「会社に残ることへの危機感」を理由に会社を辞めた人たちということだろう。


「早期離職」というと大抵「若者はだらしない」「やりたい仕事なんかそうすぐに出来るものじゃない。若者は考えが甘い」という批判が寄せられることが多いように思えるが、確かにこのような批判は高木新平さんのような人に向けられる分には妥当だろう。ただ、もし「早期離職」が仕方が無いものではなく解決すべき問題だと捉えるならば、早期離職が起こる原因として「上司が、若手社員から"こういう人になりたい"と思われるような振る舞いができていないから」というものも存在し得ることを知っておくべきではないだろうか。誤解しないで欲しいが、井上さんがインタビューした人は別に上司を嫌っていたとは限らない。ただ、仮に上司を「人間的に良い人」と感じても、「将来的にあの上司のような人になったとして、もしこの会社が潰れたときに他社に移れるだろうか。それは疑問だ」という心境に至ってしまったら、それは若手社員が早期離職を決意させるにあたって十分なモチベーションとなるのではないか。


なお、大手企業に行った友達と飲みに行くとその人が「なんで、あんな人が会社にいれるのか分からない」と上司を酷評することがたまにあるので、上司が能力的にも人間的にも全く魅力を備えていない場合もあるといえる(その友達はまだ会社を辞めていないが)。会社としても若手社員に早く辞められると「入社後の研修にかけた費用」や「戦力にならなかった時期の月給」などを損することになるはずだ(http://techon.nikkeibp.co.jp/article/CAMPUS/20111003/198874/)。そういう観点からも、各企業は若手社員の早期離職の原因を若者「のみ」に押し付けるのではなく、「自分たちにも非があるかもしれない」という視点を有することが必要なのではないかと思う。


早期離職が起こる原因として、「若者の考えの甘さ」だけでなく、「上司が、若手社員から"こういう人になりたい"と思われるような振る舞いができていない」という要素も挙げられるのでは?という考えに共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   

こんな面接官はバカだ~就活生が自分の努力で変えられない事柄について突っ込んでくる面接官~

前にも取り上げたことがあるが、厚生労働省は「採用のためのチェックポイント」というものを公表している。その趣旨は、就職の機会均等を確保するために、応募者の基本的人権を尊重した公正な採用選考を実施するよう企業に求めることにある。


このチェックポイント上、企業は面接で就活生に対して「家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など。家族の仕事の有無・職種・勤務先などや家族構成もこれに該当する)」を聞くことを自重するよう求められている。なぜなら、これは「本人に責任のない事項」だからである。確かに人が自分の生まれる家庭を選べないことは明らかな訳で、これは真っ当なルールだと思う。


しかし現実には、前々回の記事で「あきの」さんが「C社には年齢も含めた同居家族のことを聞かれ、父の職場まで聞かれました(父は公務員ですと答えたのですが、どこに勤めているのかまで聞かれました)」とコメントされたように、企業はこのチェックポイントを完全に無視している。他にも、僕がツイッターでフォローしている方も次のようなエピソードを明かしている。あと、「面接会なのに紙を渡されて、家族構成を書かせる。他にも血液型書かされたり宗教に入会しているかを書かされたり・・・(中略)一応面接で"家族構成を問うのは紳士協定違反では?"と聞いたら"書きたくなければ結構です"と言われ」と企業名を明かした上で企業の配慮の無さを告発している人もいる。 企業名が載っているがゆえに、このブログにそのまま引用することは避けるけど・・・。それにしても、これらの事例はあくまでも氷山の一角だろうし、就活生を舐めきっている企業がたくさんあることが改めて伺える。


家族構成を聞かれることの恐ろしさは、やはり「就活生本人に責任のない事項」が原因で面接官からの評価が下がりうることにある。例えば、痴漢冤罪で父親が会社を解雇され無職の状態の時に就活生が面接を受けているとして、その際に「お父さんの職業を教えてください。え、お父さんは働いてないんですか?」とか面接官から訝しげな顔をされたら、その就活生からしたら「いや、それは自分には関係ない!」と言いたくなるだろう。ましてや、このケースにおいては「冤罪」ということで別に父親も何も悪くないし・・・。そんなことで就職が一層厳しくなるなんて、就活生からしたらやってられないだろう。しかも、どうせ面接官からの評価を得られず内定を取れない理由は「就活生本人の努力不足」に求められるのだろうし。えげつないにも程がある。


もっとも、企業のこうした行動を批判する人もいるので救いはある。例えば去年朝日新聞に掲載された、「科学的根拠ないのに…シューカツで企業が血液型質問」という記事では面接で血液型を尋ねる企業に対して「そもそも、自分の努力で変えられないことを就職の面接で聞くのはおかしい。企業側に自覚がなさすぎる(菊池誠・大阪大サイバーメディアセンター教授)」、「仕事への適応能力をみる採用の場で、職務との関連性がない血液型の情報を求めるのは不合理だ。プライバシーを侵害し、いわれのない差別にあたるおそれがある(中野麻美弁護士)」 という批判がなされた。見ての通りこれは血液型の話だけど、「自分の努力で変えられない事柄」という意味では「家族構成」と通じる話と言えるだろう。


企業が就活生に配慮に欠けた質問をするのも、①面接が密室で行われる②面接官の方が力関係が上という事情があるからだと思う。これはもう、就活生は面接官の言動をこっそりと録音しても良いかもしれない。面接官が不適切な言動をした証拠を手に入れられることに加えて、「自分の受け答えのどこが悪かったのか」を面接後に検証できるという副産物もついてくるし。今のところ、就活の論者と言われる人であっても面接官の不適切な質問について批判する人はそんなにいないので(というか、僕は誰も知らない!)、もっとこの問題を明るみにしていく必要性を感じている。

「家族構成」など、就活生が自分の努力で変えられない事柄について突っ込んでくる面接官はバカだと感じてくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。