スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱社畜ブログ批判とブラック企業批判は両立する

前々回の記事についた「通りすがり」さんの「なんというか率直な感想として、ここまで日野さんにひたすら粘着してる管理人さんが純粋に気持ち悪いし怖いです」というコメントにあるように、このブログでは脱社畜ブログ・日野瑛太郎さんの文章を批判することが多い。そうした批判記事に対して、次のようなコメントを頂くことがある。

・あなたも脱社畜氏も日本の労働環境を改善したいと言う点で目的は一致しているように思うのです。状況を改善したいのであれば、批判ではなく協力することが必要です(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-538.html#cm)。

・「日野さんはワタミ支持者だった!」など、明らかに管理人さんと対立する立場ならまだしも、「ブラック企業撲滅」という点では同じじゃないですか。 なぜ「日野さんの主張は、根拠に疑問がある(≠日野さんの主張に疑問がある)」から「日野さんが嫌いです」になってしまうのか(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-548.html#cm)。

僕が見る限り前者のコメントは「このブログの文章と脱社畜ブログの文章などは"ブラック企業を批判している"という点で通じているのだから、その共通点がある文章を批判すべきではない」という意見を発しているもので、後者のコメントは「このブログの文章と脱社畜ブログの文章などは"ブラック企業を批判している"という点で通じているのに、なぜその共通点がある文章を批判しているのか?」という疑問を発しているものと思われる。どちらにしても、ブラック企業を批判する記事を書いている僕が同じくブラック企業を批判する脱社畜ブログの文章を批判していることに違和感を覚えているコメントと言える。


単刀直入に言ってしまえば、僕はこうした違和感を理解できない。僕としては、一言で「ブラック企業批判」と言ってもその中には妥当性がある言説もあれば一方でトンチンカンな言説もあるので、後者の言説を批判したり、あるいは後者の言説を発している人を嫌ったりするのも別におかしいことではないと感じているのだ。ある文章が「日本の労働環境を批判している」ことをもって即座にそれを支持するのはあまりにも短絡的で、文章を読んだ結果として「妥当性が無い」と感じたなら、それは批判すべきだろう。妥当性に欠ける問題提起・提言に前者のコメントを書いた方が言う「状況を改善する」力があるとは到底思えない。


僕に限らず、ブラック企業問題を認識しながらも、日本の労働環境を問題視する言説の方を批判する声はある。例えば、中嶋よしふみさんという方が「入社式で新入社員をずぶ濡れにした」として鴨川シーワールドを批判した事に対しても、「なんでもかんでもブラックだと言い始めると、本当に問題のある案件が霞んでしまう」だとか「叩けば何でもよしってワケじゃない」というコメントが見られる(http://b.hatena.ne.jp/entry/bylines.news.yahoo.co.jp/nakajimayoshifumi/20140326-00033909/#tab-all-bookmarks)。特に前者のコメントは「本当に問題のある案件が霞んでしまう」と危惧している、即ちこのコメントを書いた人は「本当に問題のある」ブラック企業を問題視していることは間違いないのだが、にも関わらず日本の労働環境に警鐘を鳴らしている中嶋さんの記事を批判している。


また、次のようなツイートがあったりする。 断っておくと、僕はこの人の脱社畜ブログ批判の詳細は知らないし、且つこの人の批判の方が妥当性を欠いている可能性も否定しない。しかし少なくとも、この人の「ブラック企業を問題視しながらも、おかしな"日本の労働環境批判"にはダメと言う」というアプローチには本当に共感する。思えば、この記事が属する「ダメな就活生・労働者擁護論」というカテゴリにて書いてきたのは、まさにこのツイートに書いてあるようなことだった。


なお、上述のツイートをした人は「脱社畜おじさんを叩いてるので俺がブラック企業推進してると思われるかもしれない」と危惧している。ゆえに僕としては、「脱社畜ブログ批判とブラック企業批判は両立する」ということを言いたい。ブラック企業を問題視しながら、企業の労働環境を叩く言説の方を批判するというアプローチは全然あり得るのだ。

脱社畜ブログ批判とブラック企業批判は両立するという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly      

トンチンカンな企業批判をする方もする方だけど、それに理解を示す方も示す方

これは前回の記事について言及するツイートである。その中に「文脈を考慮することだけが重要とは思わない。判断材料の一つ」という文があるけれど、これは前回の記事で述べた「ある言葉の意味を解釈する際にはその言葉単体を抜き出して判断するのではなく、言葉が発せられた文脈を考慮することが重要だろう」という主張にかかった批判だと思う。批判を頂いた僕からすれば、これは「読解力不足」・「ただのいちゃもん」と感じているのだが、この記事では僕がそう感じた理由を書いていくことを通じて前回の記事の補足としたい。


まず「読解力不足」についてだけれど、そもそも僕は前回の記事では「"経営者目線を持って仕事をしろ"がどういう場面で言われ、その言葉によってどういう行為が求められたのかに触れることで、その文脈から言葉の意味をある程度判断できるはずだからである」・「そうすることで自ずと"つねに経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉をより合理的に解釈できたはずだ」と書いていた。これらの記述を踏まえれば、僕が「文脈を考慮すること」の万能性を説いていた訳ではなく「こうすることで、よりマシな解釈が出来る」と主張していたことは分かるはずだ。そういう主張に対して「文脈を考慮することだけが重要とは思わない」なんて反対意見を言われても「別に"文脈を考慮することだけが重要"だなんて言ってませんけど」としか思えない。


もう一つ「ただのいちゃもん」という点についてであるが、これは「文脈を考慮する」という手法が万能とは限らないとしても、決定的に重要であることは間違いないと考えることによる。前々回・前回の記事で取り上げている「経営者目線を持って仕事をしろ」はそれ単体で見れば「マジックワード」と評してよい抽象的な言葉なので、その意味を判断するにあたっては、言葉がどういう場面で言われたか・その言葉を発することによって何を求められたのかなどの「文脈」を判断することは必須事項だろう。むしろ、これ以上に考慮しなければいけない事項など想像がつかない。もっとも仮に「velvetten」さんが、「"文脈を考慮すること"は~な理由でそんなに重要じゃない」だとか「"文脈を考慮すること"以上に~な要素を考慮するのが妥当で、日野さんはそれをやってるから彼の主張は妥当だ」などと批判していたのならば僕も考えを改めるけれど、実際にはそんな批判はなされておらず単に「文脈を考慮することだけが重要とは思わない」とケチをつけているだけ。だからこそこれは「ただのいちゃもん」と片づけて良いものと僕は判断している。


「文脈」を考慮することで、仮に「経営者目線を持って仕事をしろ」といった抽象的な言葉の意味を確定することが出来なかったとしても、少なくともトンチンカンな解釈をするのを避けることは可能になるだろう。例えば、東洋経済オンラインの「社長のスピーチは、思考停止ワードだらけ?」という記事に書かれている、社長が(「経営者目線を持って仕事をしろ」と同じ意味と言えるであろう)「経営マインドを持つ」という言葉を発する場面。

グローバル化の中、会社の力が真に試される時代となりました。ここ数年、わが社の業績が思うように伸びなかったのは、まことに遺憾です。わが社は、今年度が正念場。この未曾有の危機に、“組織一丸となって”立ち向かわねばなりません!そのためには、会社組織が一体とならねばいけません!今年はトップも不退転の決意で臨むつもりであります。それを受けて、従業員の皆さんも一人ひとりが経営マインドを持って、頑張ってほしいと思います!上司も部下も心をひとつにしてほしいのです!トップが決めたことを、素早く間違いなく実行できるようにしていただきたい。グローバル化では、何よりもスピードが大切です。今までのように、会議に時間を使っていてはいけない。状況に素早く対応して、必要な態勢を組んでいかなくてはいけません!上の命令を部下が間違いなく理解して、一糸乱れずに行動する。そういう正確さが必要なのです!

正直、個人的には文脈を考慮しても「経営マインドを持つ」の意味を確定するのは困難だった。しかしそれでも「今までのように、会議に時間を使っていてはいけない。状況に素早く対応して、必要な態勢を組んでいかなくてはいけません!」という発言を踏まえると、要は「だらだらやるのではなくて、会社全体の利益を考えて動いて」という意味であるような気はするし、少なくとも日野さんが言っていたような「サービス残業をしろ」・「有給をとるな」という意味だと捉えることは無理筋だということは分かるかと思う。この社長の発言に対して「もっと分かりやすい表現をしろよ」と批判するのはアリだと思うけれど、一方でいくら社長の発言に不明瞭な点があるからといって、聞き手がトンチンカンな解釈をしてよいのかというとそれはダメだろう。


「文脈を考慮したけど、よく分からなかった」なら話は分かるけれど、そもそも「文脈を考慮しない」という姿勢は論外だと思うので、この「velvetten」さんはよくそんな姿勢を見せている日野さんを擁護できるなと思う。トンチンカンな解釈をする方もする方だけれど、それに理解を示す方も示す方で、他ならぬ「velvetten」さんの言葉を借りれば「一定の知性がない(https://twitter.com/velvettened/status/463939865734688768)」と感じる。別にブラック企業が批判されることは「当然」だと思うけれど、「一定の知性がない人」がトンチンカンな批判をしたり、それを支持したりするという動きに関しては企業側を擁護せずにはいられない。

トンチンカンな企業批判をする方もする方だけど、それに理解を示す方も示す方という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     

「経営者目線を持って仕事をしろ」の意味は、その言葉が発せられた文脈を考慮した上で解釈すべきではないか

前回の記事に対して、次のように言及している人がいた。 まさか前回の記事を読んでなお「解釈の一つだとは思う」・「解釈されても仕方がない所はある」なんて言う人が現れるとは思わなかった。そういう訳で、簡単に前回の記事の補足を書きたいと思う。


僕が前回の記事で書いたのは「日本の職場でよく言われているとされる"経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉の意味を、抽象的な解釈論をもって勝手に判断するべきではない」という主張だった。これは即ち、「"経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉の意味は、(抽象的な解釈論ではなく)具体的なエピソードを持ち出すことを通じて考察すべき」ということも意味している(前回の記事の最後から2番目の段落でも「日野さんは、"経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉が発せられたエピソードを持ち出すべきだった」という趣旨のことを書いている)。なぜこのように考えるのかというと「経営者目線を持って仕事をしろ」がどういう場面で言われ、その言葉によってどういう行為が求められたのかに触れることで、その文脈から言葉の意味をある程度判断できるはずだからである。


確かに「経営者目線を持て」という言葉だけを抜き出してその意味を考えようとしても、にっちもさっちもいかないことは間違いない。しかし、「経営者目線を持て」という言葉が発せられるに至った文脈によって、その言葉の意味は明解になるはずである。例えば前回の記事でも書いたけれど、仮に「有給を取ろうとした際に"経営者目線を持って働けよ"と言われて有給が取れなくなった」というケースが紹介されていたならば、その場合は「"経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉に"有給をとるな"という意味が込められている場合があるんだな」と理解できる。あるいは、またまた前回の記事で書いたようなものだけれど(今回の記事はかなり手抜きですね・・・)、「経営者目線を持て」という言葉の前後に瀧本哲史さんが言った「言われたことを単純にやるのではなくて、本質的に自社を成功させるためにはどうすればいいか、真剣に考えて行動することです」というような発言があったならば、文脈からしてその「経営者目線を持て」の意味が「言われたことを単純にやるのではなくて、本質的に自社を成功させるためにはどうすればいいか、真剣に考えて行動すべし」だと分かるはずである。


このように文脈から言葉の意味を見出すことは可能であり、且つ日野さんは「"つねに経営者目線を持って仕事をしろ"日本の職場では、なぜかよくそう言われます。本当にいろんなところで何度も何度も言われる」と言っているのだから、その言葉がどういう文脈で(どういう場面で)言われたのかを説明できたはずだ。そして、そうすることで自ずと「つねに経営者目線を持って仕事をしろ」という言葉をより合理的に解釈できたはずだ。前回の記事で日野さんの考察を「アスペか!」と評した声を紹介したが、そう評した人は「言葉を一通りにしか解釈できず、より合理的な解釈をしようとしてない辺りが特に」とも言っている。これは僕の推測だけど、その人は日野さんが「文脈から言葉の意味を判断する」という「より合理的な解釈」をしないで、自分勝手に「言葉を一通りに解釈」していることをバカげたことだと感じていたのではないか。もしこの理解が正しければ、僕はこの見解に全面的に同意する。


ちょっと笑ったのが、この「velvetten」さんは嘗てこのブログの過去記事に「まずご自身がいつも批判だけしてる方々を理解しようとした方が良い気がする」というコメントを残したことがあるということ(http://b.hatena.ne.jp/entry/lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-535.html)。これは「もう少し、人の真意を察そうとしろよ」という批判コメントと言えるけれど、こうしたコメントこそ日野さんの解釈に向けないとおかしい。即ち、「"経営者目線を持て"という言葉を発した人の真意を理解しようとした方がいい」というように。こういう批判コメントを残しておきながら、日野さんの自分勝手な解釈について「解釈の一つだとは思う」・「解釈されても仕方がない所はある」と理解を示すのは自己矛盾のように思える。


「まずご自身がいつも批判だけしてる方々を理解しようとした方が良い気がする」という指摘を受けた側の僕が言うのもおかしな話だが、ある言葉の意味を解釈する際にはその言葉単体を抜き出して判断するのではなく、言葉が発せられた文脈を考慮することが重要だろう。これは即ち、「言葉を発した人の真意を理解しようとする」と言い換えられる。そして、そのような姿勢に欠けた言説は批判に値すると思うし、だからこそ僕は日野さんによる「経営者目線を持って仕事をしろ」の解釈を批判したという訳だ。

「経営者目線を持って仕事をしろ」の意味は、その言葉が発せられた文脈を考慮した上で解釈すべきという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly       

日野瑛太郎さんによる「経営者目線を持て」の解釈はやはりトンチンカンだったのではないか?

少し前に、「脱社畜ブログ」管理人の日野瑛太郎さんが、弁護士の宇都宮健児先生と対談をしていた。その中で、日野さんが勤めた会社の環境について「残業代はしっかりと支給してくれる会社でした」と言っていたのが目に留まった(http://toyokeizai.net/articles/-/35341?page=2)。


どういうことかというと、日野さんは著書「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください」にて「"つねに経営者目線を持って仕事をしろ"日本の職場では、なぜかよくそう言われます。本当にいろんなところで何度も何度も言われる」と言った上で、その「経営者目線を持って仕事をしろ」の意味が「サービス残業をしろ」・「有給をとるな」というものであると述べていた。「一介の雇われでしかない従業員に、経営者目線を要求するというのは結局そういうことです」と解説していた。


ところが「経営者目線を持て」と言われていたはずの日野さんは(さすがに「本当にいろんなところで何度も何度も言われる」とまで書いておきながら、これが日野さんの体験談じゃないということは非常に考えにくいでしょう)、冒頭で述べたように会社から残業代をもらっていたという。そうなると、日野さんが言われていた「経営者目線を持て」という言葉には「サービス残業をしろ」なんて意味は込められていなかったということになる。そして、本で書かれていた「経営者目線を持て」の解釈は日野さんの独りよがりなものである可能性も高まる。


元々、日野さんが東洋経済オンラインの連載で「従業員に"経営者目線を持て"という謎の要求」という記事を書いた際に、日野さんの「経営者目線を持て」という言葉の解釈に対して違和感を覚える声がいくつか上がっていた。「意味をはき違えている」だとか、辛辣なものでは「アスペか!」という声もある(http://b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/26314)。確かに、例えば瀧本哲史さんは「俯瞰的に捉えるということは、"経営者だったらどう考えるか"という起業家・投資家としての精神を持つことです(中略)言われたことを単純にやるのではなくて、本質的に自社を成功させるためにはどうすればいいか、真剣に考えて行動することです」と「経営者目線を持つこと」の必要性を述べているけれど(http://president.jp/articles/-/9556?page=3)、この場合の「経営者目線を持つこと」は明らかに「本質的に自社を成功させるためにはどうすればいいか、真剣に考えて行動すること」という意味であり、間違っても「サービス残業をしろ」・「有給をとるな」という意味と捉えられないはずだ。もし「経営者目線を持って仕事をしよう」の意味を瀧本さんと同様に考えていた人がいるとすれば、その人が日野さんの解釈をおかしいと感じるのも無理はない。


上で紹介したのは「日野さんの解釈に同意できない」という違和感を示す声だけれど、日野さんの記事を読むともう一つ、「なんで"経営者目線を持て"と言われたことでどんな行為が求められたのか、そのエピソードを書かないのだろう?」という違和感を抱くのも自然なことだと思う。東洋経済オンラインの記事の方を見てみると、冒頭で「日本の会社で働いていると、上司や先輩から"経営者目線を持って仕事をしろ"と言われることがあります。経営者自ら、全社員に"経営者目線を持て"と呼びかけることも少なくありません」と言った上で、「では試しに、実際に"経営者目線"に立って、いくつか物事を考えてみましょう」と話を進めている(http://toyokeizai.net/articles/-/26314http://toyokeizai.net/articles/-/26314?page=2)。そして、「経営者の立場では、社員に払う給料の額は少なければ少ないほどいいということになります。そこで、"経営者目線"で考えると、薄給でも我慢して働くべきという結論になります」・「経営者の立場では残業代はなるべく払いたくないということになります。そこで、"経営者目線"で考えると、我慢してサービス残業をするべきという結論になります」という解釈論を展開している。


おかしいのは「"経営者目線を持って仕事をしろ"と言われることがある」のならこんな抽象的な解釈論を展開することなく、単純に「経営者目線を持って仕事をしろ」と言われた結果どういう行為を求められたのか、そのエピソードが書けたはずだろうということだ。例えば仮に「有給を取ろうとした際に"経営者目線を持って働けよ"と言われて有給が取れなくなった」というケースが紹介されていたならば、その場合は「"経営者目線を持って仕事をしろ"という言葉に"有給をとるな"という意味が込められている場合があるんだな」と誰もが思えたはずだ。しかし、実際には上記のように抽象的な解釈論が展開されているに過ぎなかったので、この違和感から「これ、日野さんが勝手にそういう解釈を作り上げているだけなんじゃないの?」と僕は思っていたのだが、この度冒頭の「残業代はしっかりと支給してくれる会社でした」という発言を見てその思いは強くなった。


そしてもしこの思いが正しいならば、日野さんによる「経営者目線を持て」の解釈はやはりトンチンカンだったのだなぁと思うし、且つあまりにも恣意的な解釈で企業叩きをしていることを端的に「最低だな」と思う。ブラック企業が腐りきっているというのはわざわざ書くまでもないと思うけれど、一方で「ダメな企業批判」が存在する可能性についてももっと理解が浸透してほしい。

日野瑛太郎さんによる「経営者目線を持て」の解釈はやはりトンチンカンだったのではないか?という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    

小学校教諭は、学校の時季変更権行使により子供の入学式に出席できないかもしれない?

前回の記事では、埼玉県の高校教諭が「息子の入学式」を理由に担任を務める1年生の入学式を欠席した件のようなケースにおいて、そもそも学校側が時季変更権を行使することは可能なのだろうか?という点を考察した。今回の件について言えば学校側は時季変更権を行使しなかった訳だけれど、今後、とある1年生の担任を持つことになっている教諭が今回のケースと同様に「子供の入学式があるので、入学式の日は休みたいです」という申請をした場合、その申請に対して学校側が時季変更権を行使することが認められるのかが気になったのである。


今回の件は「学校が時季変更権を行使しなかったので、正式な手続を経て休んだ教諭を責める余地はほとんどない」と結論付けて終わりで良いと思うけれど(「ほとんど」と書いたのは「結果として正式な手続を経ているとはいえ、そもそも入学式の日に休もうとするなよ」という批判は一応できなくはないと考えたため)、言うまでもなく、来年も全国の学校で入学式が行われる。その時には、今回の件とは逆に、学校が時季変更権を行使したことで子供の入学式への出席を諦めることを余儀なくされた教諭も出てくるかと思う(というか、既にそういう教諭は一定数いてもおかしくないでしょうが)。仮に学校の時季変更権の行使が合法ならば休暇を却下された教諭としても「仕方がない」と思えなくは無いだろうけど、もし行使が違法なのだとしたら、学校側の違法な行動によって子供の入学式に出れなくなるということになるわけで、それは親としてはやりきれないだろう。前回の記事は、このような問題意識に基づいて書いた。


結果として前回の記事では「判例の基準に照らすと、認められそうな気もするし、認められないような気がするし、よく分からないなぁ・・・」という歯切れの悪い結論に達したわけだけれど、たまたま見つけた弁護士の方のツイートを見ると、やはりこれは微妙な問題のようで。 前回の記事で取り上げた社労士の榊裕葵さんは「学校側が時季変更権を行使することの正当性は認められる可能性が高い」との判断を示していた。しかし一方で、上記のツイートをした弁護士の方は「どちらかに決めろと言われたら無効説かな俺は。微妙だけど」と学校側が時季変更権を行使することが難しそうであると考えている。前回の記事の最後で「学校側は"入学式だから"という理由で、1年生の担任を持つ教師の休暇の申請に対して時季変更権を行使できるか否かが知りたい」と書いたけれど、この問いに対する正解はなく、「できる」・「できない」両方の解釈が成り立つということなのだろう。


加えて、「学校側は"入学式だから"という理由で、1年生の担任を持つ教師の休暇の申請に対して時季変更権を行使できるか否か」という問いを考える際には、単純に「学校」と一括りにするのは妥当ではなく、「高校」の場合と「小学校」の場合とで結論が異なり得ることを上記のツイートから感じた。「小学校の話ならば初日に顔を出して児童と接触することの重要性というのは確かに大きそうだから、時季変更権行使は有効になりやすいかも」・・・これには、「担任だって、一母親」・「教師である前に母親」と考える人は「なんで、自分の子供の入学式に出ちゃいけないんだよ!」と嫌悪感を抱くかもしれない。もっとも、これについては弁護士の方も「なりやすいかも」と言っているに過ぎないので、この解釈がただ一つの正解という訳ではない。


ここまで書いてきたように、「学校の時季変更権行使が認められるか否か」という論点は現時点で明確な答えが出せるものではないようだが、少なくとも今回の件が単なる当該教諭に対するバッシングで終わるのではなく、各自が「時季変更権」についての理解を深めるきっかけになれば良いと思う。そして、前回の記事で紹介した榊裕葵さんの「"どのような時に学校は時季変更権を行使して有給を認めないのか"、というルールを客観的に明確にして、皆で共有する」という段階に進んでいくことが望ましい。

各々、「時季変更権」についての理解を深めるべきだという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。